男がほとんどいない世界に転生したんですけど

かえるの歌

雫を助ける


──ある秘密の部屋。

「……うっ。」
 
雫はゆっくりと頭を上げ、目を開ける。

手足は……と。確認してみるも、やはり木の椅子に縛られ身動きが全く出来ない。

ここに来てから恐らく4日目。

いくら夢だと思っても、雫がいる狭くて暗い部屋に囚われているという現実は変わらなかった。
いくら叫んでも声が反響し、遠くに飛ばない。湿気もすごい。その事から考えてここは地下室だと思われる。

でも、それだけ。身動きが取れないから何も出来ない。

「……っ。」

雫は痛みを我慢する。雫を縛る紐は荒い紐で、肌に刺さりやすい。そのせいで、両手両足が傷だらけ。それに、ずっと同じ場所を縛られているので血の通りが悪く痺れを起こしていた。

1日1回、食事の様なものが出されるが……それはとても食べられた物では無い。でも、食べなかったら死ぬ。そう分かっていたので、我慢して我慢して食べ、何とか生きながらえていた。

でも……何日経っても、誰も助けに来てくれないという絶望感に雫は徐々に衰弱していった。
食事の少なさから栄養失調。少ない飲み物による脱水症状、恐怖と絶望からの睡眠不足。
もう、雫は限界ギリギリだった。

でも、雫の目は決して死んでいない。
何故なら、絶対に助けてもらえると信じていたからだ。

だって…………私にはこの時計があるから。

雫は左手に身に付けている、壊れて動かない時計を見る。
気付いた時には、スマホなどの雫の持っていた荷物は全部とられていた、だけど何故かこの時計は取られていなかった。多分、壊れていたからだろう。

この時計は、優馬の物だ。
勝手に持って来てしまった物だ。

でも、今は優馬には悪いけど、勝手に持って来て良かったと思っている。

だって、この時計が無かったら私は2日と持たずに絶望していただろうから。
これが優馬の物だと思うと、心が落ち着く。冷静になれる。頑張ろうと思える。絶望しなかった。

そんな、ギリギリの状態の雫の元に、また懲りずにあの女がやって来た。

──ガチャ、ガチャ

沢山の南京錠を鍵で一つ一つ開ける音がし、それから、ギギギギッと重い音を出しながら頑丈な鉄の扉は開かれた。

久しぶりの光に雫は目を掠める。
数秒経ち、ようやく目が慣れてきた頃にその女は白衣をたなびかせながら入ってきた。

「……っ。」

雫は身構える。身構えられるほど体に自由は無いが、せめて心だけは……と思ったのだ。

「キヒッ。おはよう、いや、今はこんにちはの方が適切ね。で、よく寝た?雨宮 雫。キヒキヒッッ!」

そう──雫を誘拐したのは月ノ光高校  担当化学の“毒牙 毒味先生”だった。

恐怖の笑い声が地下室に響く。
でも、もう慣れた。雫は臆さない。

「……毒牙先生……いい加減私を家に返してください。こんなことして何になるんですか?許されると思ってるんですか?今の警察を舐めないで下さい。もう、すぐそこまで警察の手が迫ってきているかも知れませんよ?自首して下さい。」

強く睨みながら、雫は脅す。
そしてまだ自分は壊れていないと、絶望していないと、強気に証明した。

「キヒッ。まだそんなこと言う元気が残っているんだ。でも、そんなハッタリは効きませんよ。私の考えた作戦は完璧なんですよ。警察みたいなバカには一生見つけられませんよ。」

流暢に喋る、毒牙先生。その表情からは絶対の自信が感じられた。

「キヒッ。だからね………いい加減、認めなさい。“自分は優馬君に全く相応しくないと。男の優馬君の事は金を無限に生み出すただの道具としか見ていないと。”」

この女はずっとそうだ。同じことしか言わない。
何とかして私から優馬という存在を奪おうとしているのだ。

“嫉妬”と言うものなのか?でも、そんなの狂った嫉妬だ。例え、私から優馬を奪ったとしても優馬は貴方のものにはならない。
そもそも、彼は私のものでもない。

「……嫌です。私は優馬の事が好きなんです。」

簡潔に自分の好意を言う。この返しも何回目だろうか。

「キヒッキヒキヒキッッッ!そのセリフ……もう飽きたよ。」

ニヤリと恐ろしい笑いを見せた。
またか………

ガッ───
 
いきなり毒牙先生は雫の水色の髪を掴む。すごい握力だ。頭に激痛が走るが両手両足が縛られているため抵抗する事さえ出来ない。ただ雫は痛みに耐える。

その後、髪はギシッと強く引っ張られる。雫の髪は音を立て、抜け、激痛が雫を襲う。そこからダメ押しの様に椅子に雫の後頭部を打ち付けた。激痛が止まらない。

「……ぐっっっ。」
「あなたは優馬君の隣にいてはダメなの!私しか相応しい女は存在しないの。あなたみたいな泥棒は存在してはならないのよ。」

毒牙先生は大きな声で叫んだ。
なんと言う独占欲だ。痛みを我慢しながら雫は思う。

小さな部屋に狂気の声が反響するが……毒牙先生は全く気にせずに思いのままに話す。

「あなたは私と優馬君の愛の結晶の邪魔でしかないの。それ、わかってるの?
あなたに存在価値なんて無いの。」

暴力と言葉で心を抉ってくるが……私は決して折れない。

「優馬君は優しさであなたと話していただけなのよ。
そう……優馬君は誰にでも優しいからね、あなたはただのモブキャラなのよ。キヒッキヒッ…」
「……優馬はそんなんじゃない。今も異変に気付いて探してくてるはず。」   

優馬は……決して。
でも……今の雫は耐えて耐えて疲弊した状態。自分でも気付かないほどに精神をすり減らしていた。だから、自分で自分を信用出来なくなる。

雫から冷や汗がたらりと垂れる。

「キヒッ。もう面倒臭いね。
なら、もう終わりにしよっか!」

そう言って毒牙先生は白衣のポケットから2つの注射器を取り出した。2つの注射器には2種類の余りにも毒々しい液体が入れられていてそれを見ただけで全神経が危険だと叫んだ。

心臓の鼓動が早くなる。ガタガタと体の震えが止まらない。

必死に逃げようとしても体が縛られていて逃げ出せない。

「……いや……嫌ッ!来ないで!」

必死に叫ぶ。そんなの無駄だと分かっているのに……

「キヒッ。これは私の実験で作り出した最高傑作。
……これを注射されると女としては永久に終わりよ。
女としての武器を失い、優馬君の女としては相応しく無くなる。きっと、優馬君も愛想を無くすわ。
キヒキヒッ!本当ならね、こんなの使いたくなかったよ?でも、あなたがいつまで経っても壊れないから使うしかないのよ。
ざまぁ見ろね。私の優馬君を色気で誘惑するからよ。特別な存在である私が優馬君に変わって泥棒を成敗してあげるからね。」

毒牙先生は完全に血走った目で近づいて来る。
完全に狂っている。

こんなの先生じゃない。サイコパスだ。狂乱者だ。薬物中毒者だ。

「……嫌、来ないで!来ないでッッ!!!!」

じたばたと力いっぱい暴れても、抵抗が全く出来ない。

涙が流れてくる。これは恐怖だ。
優馬が離れていくと思ったからだ。

「……助けて優馬。助けてーッ!!!」

無意識に……最愛の人の名前を叫ぶ!

「キヒッ。いい加減黙りなさい。あなたが悪いのよ。それに誰にもその声は届かないわよ。」
「……あっ、嫌。」

毒牙先生は雫の制服の右腕をまくり注射器を打ち込む用意をする。

雫は恐怖と絶望の余り、目を瞑った。
真っ暗な視界の中……雫は泣いていた。

毒牙 毒牙は気味の悪い声で笑いながら注射器を下ろす……

針が雫の肌に当たる。その時だった
────ドガーンッ!!!!!!

鉄の扉が勢いよく開けられ、真っ暗で狭い地下室に誰かが入って来る。

いきなりの轟音に雫と毒牙先生は驚き、黙り込む。
雫はゆっくりと……目を開ける。

「──そこまでだ、毒牙 毒味ッ!雫、お前の声しっかり届いてたぞ。今、絶対に助けるからな。」

雫の目には彼が、写った。
彼は息を切らしながら言う。

そう彼が……最愛の人が助けに来てくれたのだ……
雫は今まで張り詰めていた心が一気に緩み、涙が溢れる。感情が溢れる。

「……あぁぁっ。」

嬉しかった。すごく……すごく。言葉に出来ないほどに。そして、安心した。もう大丈夫なんだと。
1人で頑張らなくていいんだと。

雫は彼の名前を叫んだ。

「……優馬っ!!!!」

優馬と出会ってから、1番大きな声で、感情を込めて、感謝を込めて…………愛を込めて。

☆☆☆

俺はかすみさんが運転する車から降りる。

そのまま、かすみさんは車を勢いよく走らせて警察署に向かった。仕事の早いかすみさんなら数十分後ぐらいには応援を連れて来てくれるはずだ。

「行くか……」

俺は気合を入れ、敷地内に入る。
GPSが指した場所はやはり、ただの一軒家。
どこにでもありそうな……無難な家。でもどことなく不気味な雰囲気を感じる。

……っ!?

家の表札を見ると俺はぎょっとした。
なんとその表札には“毒牙”と書かれていたからだ。

「もう、確実だ!」

俺は慎重になっていたが、この家が毒味先生の家だと分かり、躊躇いなく家に入った。インターホンなどは一切押さない。警戒されたり、家に鍵をかけられて籠城されるのを防ぐためだ。

でも……なんで毒味先生が雫の事をを誘拐するのかが俺には分からなかった。
雫と毒味先生はこの学校で知り合ったはずで、昔からの関係も無いと思う。
それに、1時間しか授業もやっていない。
まさか俺と毒味先生が話していた時に(俺は無理やり)、雫が邪魔をしたから(俺にとっては助けてくれた)。
それが動機ってことは無いよな!?
た、たかが1回ごときで………動機が余りにも薄すぎる。

「ふぅ………」

深呼吸を繰り返しながら、静かに進む。
いつ、毒味先生に襲われてもいいように警戒を怠らない。

無意識にかすみさんから貸してもらったお守りも握りしめてしまう。

「──……いや……嫌ッ!来ないで!」
「えっ!?」

小さな声。だけど……確かに声が聞こえた。しかもこの声は……雫のものだ。

雫の声は相当な焦りが含まれていて、俺は悟る。雫は相当ヤバい状況なのだと。

耳をすまし、声の発生源を探る。そして、雫の声は下から……地下から聞こえてくると分かった。
俺はもうお構い無しに、家を探す。リビング、キッチン、居間など地下に繋がるかもしれないと思う所は片っ端に……

 でも、家中どこを探しても地下へと通じる道は無い。恐らく、地下は隠し部屋なのだろう。
ちゃんとした正規ルートでは無いと、行けないのだろう。

「早くしないと雫が…………」

さっきよりも雫の声は強く聞こえる。という事は、さっきまでよりも大きな声を出しているのだろう。

「クソっ。何処なんだよ!?」

地下室が見つからない焦りと雫が危ないという恐怖感で溜まった気持ちをつい物にぶつけてしまう。気づいた時には──ガン!!!という音が家に響いていた。
壁を思いっ切り殴っていたのだ。

手にはジンジンと痛みが走るが、このどうしようも無い気持ちに押し潰されそうな心の方が痛かった。

俺は膝から崩れ落ち、どうしようも無い感情から涙が出そうになった。どうしよう……雫が………雫が……………やっとここまで来れたのに……

正しく、絶望だった。
そんな時だった……

───────ガチッ

何かのスイッチが入る音がした。

「!?」

歯車の回る音、その音の後に……近くの床がゆっくり持ち上がった。

…………?

俺は唖然とした。なんで、地下室への隠し通路が出てきたんだ?
まぁ……いい。運が良かったんだ。本当にラッキーだ。日頃の行いが奇跡を産んだのか?

俺は感情を取り戻し、希望に満ち溢れた表情で地下室に飛び込んだ。

──この時の優馬は本当に運がいいという他ない。
毒牙 毒味の家の地下への隠し通路、それは隠しスイッチを押さなければ入れないという特別な仕様だった。なので、初めてこの家に来た優馬には絶対に隠しスイッチは見つけられない……はずだった。
でも、優馬はスイッチを確かに押したのだ。溜まった気持ちを壁にぶつけた時……本気で壁を殴った時。その壁が隠しスイッチだったのだ。

今の優馬は完全に運を味方に付けていた。

☆☆☆

地下は思ったよりも広く薄暗い。所々に置かれているランタンのようなものを頼りに俺は真っ直ぐに雫の声のする方向へ全力で走る。

「……助けて優馬。助けてーッ!!!」

雫の悲鳴が地下に響く。
その声の後に……不気味な笑い声も聞こえてくる。

俺は怒りがMAXになり、歯を食いしばる。拳を握りしめ、1秒でも早く雫の元へと急ぐ。

数秒後、声の発生源の場所まで来た。そして、走っているスピードを維持したまま、少しだけ空いている鉄のドアを思いっ切り蹴飛ばし、中に入る。

そして、叫んだ。

「──そこまでだ、毒牙 毒味ッ!雫、お前の声しっかり届いてたぞ。今、絶対に助けるからな。」

と。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品