話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

山の手のひらの上でワルツ、ときたまサンバ、総じて東京音頭

saiou

14.日暮里


 日暮里の住宅街にツチノコが現れたと聞き、フミカさんと見物に行った。

 駅舎を出ると、網を持った人や、旗を持つ添乗員に連れられた見学ツアーの一団がそこかしこを行き来しており、露天の店先にはツチノコまんじゅうが並んでいた。
「ツチノコフィーバーね」と、フミカさんは楽しそうに言った。
 しばらく大通り沿いにツチノコを探しつつ、探す人々を見物した。

 夕方、オミナエシの花を揺らす風が少し肌寒く感じ始めた頃、チャイムが鳴り、皆ぱらぱらと広場へ向かい始める。私たちもその後へ続く。
 広場に作られた即席の舞台の上では、すでにツチノココンテストが始められていた。皆、今日捕まえたツチノコの中から、最も珍しいツチノコを選び、審査を待つ列に並んでいる。

“さあお次のツチノコは、これは珍しい、ツチノコなのに胴が太くありません。まるで普通の蛇と変わりありません”
 拡声器越しに、コンテスト司会者の声が聞こえてくる。
“それでは、審査員の皆様点数をどうぞ……、5点、5点、6点、3点、マイナス8点、合計は11点です!うーん、思ったより点が伸びませんでした、残念!それでは、お次の方どうぞ……”
 大小様々なツチノコが次々と舞台上に登場する。現在の1位は、10秒に1回ゲップをし続けるツチノコのようだ。

“さてお次の方、どうぞ”という声を合図に、フミカさんが舞台上に現れた。いつのまにか列に並んでいたようだ。しかし、フミカさんが連れているのはどう見ても……。
“おーっと、これはなんとも珍しいツチノコです。見た目はどう見てもただのアリクイです。というか、これはツチノコなんですか?”
 さすがの司会者も疑問を持ったようだ。フミカさんの口に拡声器が当てられる。
 フミカさんは、“えっと、正直私、ツチノコがどんな姿か、よく知らなかったんですけど”と言うと、拡声器をアリクイの口に持っていく。
“よく間違われますが、私は確かにツチノコです”
 良く通る低い声で、フミカさんのツチノコはしゃべった。

 フミカさんは優勝した。
 舞台を降りると、アリクイはアリを食べ始めた。

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く