話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

山の手のひらの上でワルツ、ときたまサンバ、総じて東京音頭

saiou

11.駒込


 駒込に迷い混むと、道にスイッチが落ちていた。

 拾い上げ、手のひらに乗せる。
 立方体にはめ込まれた青いスイッチは、押すと少しだけ沈み、カチッと軽い音を立てて元の高さへと戻った。
 空を飛ぶカラスが「かあ」と鳴いた。
 もう一度スイッチを押す。カラスは鳴かない。カラスを鳴かせるスイッチではないようだ。

 路地をしばらくうろうろとしていたら、カラスの「かあ」という鳴き声が聞こえた。ふと手のひらを見ると、元の場所に置いてきたはずのスイッチがあった。
 カチッとスイッチを押す。
 民家の塀を越して伸びる百日紅の枝から、赤い花弁が落ちた。
 もう一度スイッチを押す。赤い花は揺れもしない。花を落とすスイッチではないようだ。
 塀の上にスイッチを置いて、また歩き出した。

 10匹目のノラ猫とすれ違い、そろそろ家路に着こうかと考えたとき、ふとまだ日が高いことに気がついた。
 手のひらにはまたスイッチが収まっている。
 カチッと一度押す。何も起きない。もう一度押す。変化はない。
 何度も押し続けると、やがて電信柱から伸びる影が角度を変え始めた。
 橋の上まで行き、スイッチを川へ投げ、家路につく。
 駒込から抜けて手のひらを見ると、そこにスイッチはなかった。

 家に帰り夕飯の支度をしていると、やがて夜はやってきた。

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く