話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

山の手のひらの上でワルツ、ときたまサンバ、総じて東京音頭

saiou

10.巣鴨


 サエコさんと誘い合い、銭湯へいく。巣鴨駅を出て道を進むと、やがて湯の香りが漂ってくる。

「いい湯だったわね」
 サエコさんはサンダルの音を静かな住宅街に響かせながら、今日3回目となる一言一句変わらない感想を繰り返した。
「牛乳風呂って、私初めて」
 私の方は趣向を凝らし、毎度違う言葉を返す。もう日が暮れかかっていた。

 向こうからトキさんが歩いてきた。「お久しぶりね」とサエコさんが声をかけると、「あらお二人でお散歩かしら」とトキさんも返す。
「ええ、義母と銭湯に行っていたんです」と、私も微笑みながら答える。
 あら仲良しさんね。うちの嫁なんて……

 トキさんの愚痴を聞きながらふと、あの人がいた頃は私とサエコさんにも諍いなどがあったのだっけ、と記憶を振り返ってみた。しかしあれからいろいろなことがあり、時間もあまりにも経ちすぎていたので、記憶の断片がぱらぱらと不確かに浮かぶだけだった。
 色褪せた一枚の写真のように浮かんできたのは、あの人が私とサエコさんとの間に立ち、お互いをなだめるような少し困った笑顔を見せている場面だった。
 何があってそんな場面になったのかは思い出せない。そもそもあの人の向こうに見えるのは、本当に今日一緒に銭湯に浸かったサエコさんなのだろうか。

「私も嫁と一緒にスポーツチャンバラを始めようかしら」と、トキさんがほぼ一人で話し続けた井戸端会議で、3回半ひねりを加えた結論に至ったところで日が落ちた。

 トキさんと別れ、駅まで歩く道の途中で「私、あの人があっちに行っちゃったとき、すぐに後を追おうと思ったの」、と言ってみた。サエコさんは、「私もよ」と頷いた。
「でも、どうせいつか行くのだからと思ったら、しばらくはいいかなと」
「そうそう私も」と、映画の感想をおしゃべりしているかのように、サエコさんは答えた。
「でも、少し長くいすぎちゃった」
「どうかしらね」と言ったサエコさんの方は、見ることができなかった。ただまっすぐに、瞑色に染まった空に揺蕩う星の、薄い光を見ていた。

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く