永久ノ炎

ポニベロス

第十三話 覚醒

(アリサとネロの決着がつく数分前)

宿屋


「あっ、心春ちゃん!。次の街に行くまでに食べたい物とかありませんか?」

「......どうして...そんなに優しくしてくれるんですか...?」

「え?。んー、そんな事を言われても...困りましたね。」

(少し考えて)

「...何処かに売るとかなら...早めに言ってほしいです...」

「むっ。」

(おでこを指で叩いて)

「ひゃっ!?」

(少し痛みで涙目になりながらもおでこを押さえて)

「もぅ...。私達はそんな事はしませんよ!。」

「うぅ...ほんとにぃ...?」

「はい!アリサさんもそんな事はしませんし!仮にアリサさんがそんな事をしたら私がボコボコにして説教です!」

「...出来るの?」

「うっ...」(正直、アリサさんの方が強いとか言えない)

「...」(この人の言葉にはこんなに信頼性があるんだろ...)

(すると、ドアからノック音が聞こえて)

「ん?宿主さんですかね。」

(ドアを開けようとした瞬間、外からジリジリと音とを詠唱を唱えてる声が聞こえる)

「!!?」(これは詠唱!?しかも炎で爆発するタイプ!)

(急いで心春をお姫様だっこして外の窓を割り、外に出ると同時に窓ガラスは強く割れ、破片がアダムの背中に刺さる)

街中


「...」(ここなら...人が多くて無理に魔法は使えないはず...)

「アダムさん...背中が...」

「大丈夫...。」(と言っても...ふらふらだけど...)

(だが、上空から魔法を唱えてる声が聞こえて)

「えっ...!!?」

(空から炎の球体を作ってる人間がいて、明らかにこちらを狙ってる)

「なんだ!あれ!」
「やべぇ!にげろ!」

(街の人達は逃げいく)

「...」

(それでも、上空に居る人間は躊躇なしに球体を飛ばす『メテオ』と言い。)

「っ!」

(急いで心春を抱えて飛ぼうとした瞬間、雷魔法で地面を叩きつけて飛ぼうとした時、視線に呆然と立ってる小さい子供が見える。)

(気が付いた時にはアダムの体は動いていた)

(小さい子供の前に立ち、心春と子供を包み込むように抱き締め、後ろに氷魔法を出す。だが、威力を少し抑えただけですぐに溶かされメテオは当たりそうになる)

「...」(分かった...なんで、この人が信頼できるのか...)

(元の世界では父親に暴行をされ、周りにはゴミを見る目で常に見られた。だが、それでも、信頼できた人間は居た。母親だ。毎日、父からの暴行から守り、私の倍は殴られてた。遊びにも連れていってくれた。母親だけは信頼できた。そんな母親も毎日泣いていた。私を助ける事が出来ないと。そして、いつもの公園の入り口に入ったら別の世界に来た。この世界に意味が分からず来た時は信頼できる人間など居なかった。突然、誘拐され、殴られ、おもちゃにされた。闇だらけだった。そう、アダムに出会うまでは)

「...」(この人を信頼できたのは...今まであってきた人よりも綺麗で優しくて...そして...何よりも...言葉の一言一言をしっかりと考えて話してくれてる。私は...この人を守りたい!すると、頭に文字が流れてくる)

(片手をメテオに向けて出す)

『武神開放!』

(大きな爆発と共に土煙が出て)

「...っ...?」(痛くない...?)

(アダムは後ろを振り向くと大きな盾が守ってる)

「っ...」

(心春は気を失い)

「心春!?」

(すぐに抱えて)

「...」(あれはいったい...まぁ、良い。次で...!?)

(すると、背中から激痛を感じ気を失う)

「心春!アダム!」

(魔法使いを倒したアリサが駆け寄り)


「永久ノ炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く