永久ノ炎

ポニベロス

第九話 世界一の裏表国『ハルジオン』

(あれから、アリサとアダムは村人と別れ、小国『ハルジオン』に到着した)


ハルジオン国内


「んー♪到着!」

(アリサは腕を広げて)

「はい...意外と遠かったですね。」

「うん♪。まずは宿屋に行こっか♪」

「はい!」

宿


(宿屋の店主が受付に立ってる)

「あの、一部屋予約で二泊したいんですけど。」

「あいよ。よろこんで♪。お代は2泊で2名様なので...」

(予約が終わり。宿屋を後にして)

「さっ...!楽しむぞー!!」

(アリサは手を上げ)

「おー!!」

(それから、二人は名物な食べ物や武器屋など行って楽しんだ。日は沈んで)

「ふぅ...。楽しかったね♪」

「はい!とても裏表が激しな国とは思えませんでした!」

「あっ...、アダム。手を出して♪」

「?はい♪」

(手を出して)

「プレゼント♪」

(手に白い花柄に回りには雪の結晶が付いたおしゃれなアイテムポーチを置いて)

「えっ!?良いんですか!?」

「うん♪。あると便利だし、アダムに似合うと思って♪」

「...アリサさん...ありがとうございます!!大切に使わせていただきます!!」

(にっこりと可愛い笑顔になって)

「その笑顔を見れただけで十分、得したよ♪」

「えっ!?」

(顔を赤くして)

「じゃぁ...宿屋に戻りますか。」

「はい!」

(すると、少し遠くから何かでパチン!パチン!と叩いてる音と女の子の悲鳴が聞こえて)

「悲鳴!?」

(アダムは悲鳴のあった方に走って行き)

「あっ...行かないがいいよ!!」

(それを追いかけて)

真ん中の噴水部分


「あら!動け!」

「うぅ...いたいよぉ...誰か助けてぇ!」

(そこには、鞭で体を叩かれてる女の子が居る。その女の子は首に鎖をつけられ、両足には重りを付けられてる。)

「ひっ...酷い!辞めさせなきゃ!」

(助けようとする)

「駄目!」

(手首を掴み)

「どうしてですか!?あんな、小さい子供が痣だらけになって泣いてるんですよ!」

「この国では奴隷は合法なんだ!。一つの商品なんだよ!。この国が儲かってるのは、奴隷売買だ。」

「そんな...!どうして、人間が人間を売るんですか!?そんなの可笑しいですよ!」

「っ...。しょうがないじゃん...それがこの国のルールなんだから.....。仮に助けようとしたら捕まるのはアダム...君だよ。」

「うっ...っ ️!それでも...私は...!!」

(すると、司会の人と思えるピエロの格好を来た人間が噴水の上に立ち)

「さぁー!冒険者に旅人や騎士の皆さん、こんにちわ!。私は「ピエロ」。奴隷売人です♪。さて...今日の商品はこちら!」

(さっきの女の子の方に手を広げ)

「おい!おい!今回は一人か!?」
「たく...役立たず!」
「育つ前に殺しちまうよ!」

(周りが声を上げて)

「...酷い...」

(アダムは口を押さえ、アリサは後ろから優しく背中を擦って)

「まぁ、まぁ、もっと話を!この少女なんと...」

(すると、さっき、鞭で叩いてた男が女の子の服を破り捨て)

「きゃぁぁぁ!!?がっ!?」

(そのまま、壁に押さえつけられると背中にマークみたいな真っ赤な印が書かれてる)

「あっ...あのマークは...」

(アリサはボソッと囁いた瞬間)

「うぉぉぉぉ!!すげぇぇ!」
「これは、レアだ!俺!1シルバー!ー!」
「俺は15シルバーだ!!」

(アダムは問いかける)

「あの印は...」
「...あれは異世界転生者の印。たまに転生してくる異世界の人。でも...あれは...凄く珍しいタイプ。多分、元の世界で死なないで転生してきたタイプ...お互いにすごい力を持ってて、転生者は元から覚醒してる。じゃない方は覚醒してないタイプ。」
「...そうなんですか...」

(すると、離れた所から)

「8ゴールド」

(この声が響き渡り)

「8!?やべっ...て...」

「俺ら下の冒険者が一生、稼げない値段じゃん...」

 「あっ...あいつってあれだろ...?奴隷コレクターで常に奴隷を買いまくってる.....確か『ロベリア小国』の王子...名はレーガン。」

「えっ...!?あそこって確か、国王が全ての国だろ...?」

(周りはざわざわして)

「...ふん。」(この貧乏人どもが。貴様らとは格が違うんだよ。)

(アリサとアダムはその光景を見ており)

「...すいません。アリサさん。少しだけお金を貸してもらいます。」

(ボソッと言って)

「えっ?」

「ほら!早くよこ」

(話してる時、一人の少女が声を上げる)

「10ゴールド。」

「なっ!?」

「きっ...きさまみたいな小娘が持ってるわけ無かろう!?」

(レーガンは取り乱し)

「...」

(お金をピエロに投げつけ)

「ひゅー♪。きちんと持ってますね ️」

「なぁ!?くっ...残り金額は!」

(隣の付き人に行くと耳元で付き人はこう言う)

「国で買い物をしすぎたので、残り、1ゴールドしかありません...」

「っぅ...!この...女!よこせ!私は王様じゃぞ!」

「嫌です。」

(アダムは冷めた声できっぱりと断り)

「っ ️ ️!!貴様!絶対に後悔させてやるからな!!帰るぞ!」

(レーガン達は帰っていき)

「さぁ、新しいご主人様♪手に、この筆を使って奴隷に赤い液体を塗ってください♪。」

(筆に液体をたっぷり付けた筆を渡して)

「...それを浸けたらどうなるんですか?」

「この奴隷が貴方の意のままに動かす事が出来ます♪」

「...」

(アダムは筆を掴み)

「さっ♪さぁー♪」

「...馬鹿じゃないの?」

(筆を握りそのまま2つに折れる)

「なっ!?」

「...」

(鉄の折りを刀で切って)

「...ぁぁ...!!」

(少女は怖がり、震えてる)

「大丈夫...私は敵ではありません...」

(手を伸ばす)

「ぁぁぁ!!」

(肩に噛みつき)

「っ...」

「この!鞭で叩っ...」

「...」

(アダムはピエロと鞭を持ってる男を殺気を籠った目で睨み付け)

「ひっっ!?」

(鞭を持った男は恐怖のあまり、鞭を落とす。)

「......」(かける言葉が見つからない...)

(抱き締め、そのまま頭を撫でる)

数分後

「ぐぅ...」

(口を離して、アダムの顔を見る)

「...もう、大丈夫ですよ。絶対に私は貴方を大切にしますので...」

「...」

(女の子は意識を突然、意識を失う)

「えっ!?大丈夫ですか!?アリサさん!」

「えっ?あっ!うん...!」

(首の所の脈を触り)

「...うん。脈はしっかりしてるし、疲れて寝ちゃっただけだと思う。でも、医務室には連れていこう」

「はい!」

「永久ノ炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く