永久ノ炎

ポニベロス

第六話 デッッッカ!!

(クエストを受注して村から離れキングコングとそれを操ってる魔物の居る所と言われてる場所に行った)

 ️森の中 ️


「...暑いですね。風もない」

(アダンは手を首の当たりに振って風を送ってる)

「風が全くないよね。」

(アリサも汗を拭い)

「はい...、あっ...そう言えば私、アリサさんの魔力の事を全く知らないんですが。どんな魔法が使えるんですか?」

「炎魔法だけ。他は全く使えない」

「そうですかぁ...はぁ...はぁ...」

「...馬鹿にしないんだね。」

(本来、普通の魔力事態は一般人でも全ての属性を持ってる。だが、希に魔力を一つしか持ってない人間が居る。その人間は落ちこぼれ扱いされ、基本的には馬鹿にされる。特にアリサはエリート学校に行ってた事もあり、めちゃくちゃ馬鹿にされてきた。)

「...?何を馬鹿にするんですか?」

「...やっぱりアダンは変わってるなぁ♪」

(アリサなハハ!と高笑いして)

「えっ!何処がですか!?からかわないでくださいよ!!」

(アダムはアリサにポコポコと殴って)

「ごめん。ごめん。」

(笑ってアダムの頭を撫でて)

「もぅ...次、からかったら凍らせますからね!」

「それは、怖いな ️♪」

(すると突然、地震が起き、地面に何かが飛び出してくる気配をアリサは感じる)

「アダム!!」

(ジャンプしてアダンにタックルし、ゴロゴロと地面に転がる)

「なっ...何が.....えっ......?」

「あはは...嘘でしょ...」

そこには、5mはあるだろう。デカイゴリラが居る。

「デッッッカ!!?」

(二人は声を揃えて)

「永久ノ炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く