永久ノ炎

ポニベロス

第五話 クエスト受注

(あの話の後から2日後)

「んー、国どころか村も見えないなぁ」

(アリサは口を開き)

「はい...。村ってこんなに少ないんですね...」

「んー、村は本来、多いって学校で習ったんだけどなぁ...」

(ヘトヘトになってる)

「んー、学校では意外と簡単には見つかるって習ったんだけどなぁ...。それにしてもアダンってめちゃくちゃ強いんだね。」

「そうなんですか?」

「うん。魔法が3つ使える時点で凄い才能なのに、その魔法の一つが氷の魔力でかなり強いし、訓練してたのか残り3つの水と雷と炎の魔法もめちゃくちゃ強い。おかげで楽させてもらってる♪」

(魔法はこの世界で産まれた時からあるもの。属性は基本属性が四つある。炎。水。土。雷。である。特殊魔法は氷。回復。肉体強化。他にもあると噂はあるが、大抵、上の騎士とかはかなり強い特殊を持ってる。)

「えぇ...」

(そんな会話をしながら一時間位、経過して)

「んっ...。あった!!村だ!」

(人の住んでる村が見つかる)

「はい!早速、行きましょう!」

 ️ ️宿屋 ️


「悪いが飯なら無いぞ。」

(村の宿屋にいる受付人は少し年老いたおじさんで疲れてるのか面倒なのか吐き捨てるように言われ)

「どうして無いんですか?」

「あぁ...。最近、キングコングってモンスターとその獣を操る魔物が居てな。そのモンスターに村が跡形も無く消され、猪や豚は餌になって、野菜は潰れた村から逃げて来た住人と分け与えてるから、外から来た人間に渡すご飯は無い。」

「うわぁ...大変ですね。騎士隊は来ないんですか?」

「あ?お偉いさんの騎士なら一週間前から来てくれって手紙を送ってるよ。お金も出して交渉もしてる。だが、お金が足りないだのそんな時間は無いとか言って来ない。結局は俺ら貧乏な庶民なんてゴミとしか見てないのさ。」

(すると、アダンがアリサの耳元で囁く)

「助けてあげましょう...?」

「んー...」

(アリサは考える。ここで危険な事をする必要性がない。こちらとしては特がそんなに無い。)

「クエストは張ってるんですか?」

「あぁ...張ってるが相当、危険な任務だ。冒険者で受ける人間なんて自殺したい奴だろ。」

「ふむ...。ありがとうございました♪。とりあえず2泊お願いします♪」

「まいどあり」

 ️次の日 ️


 ️クエストの看板 ️

(キングコングの紙を見て)

『キングコング+魔物の討伐
      報酬  20ゴールド
   (  人間の金で例える と100万)
     危険度  星8(最大危険ランクは10)
    支払い者   村長』

「...どうですか?」

「...うん。悪くない。」

「でも...10ゴールドってかなりの金額じゃないですか...?」

「うん。一般人からしたらかなり豪華だよ。でも、国としては騎士を使ったりするにはかなり安いし動かない。」

「えっ...?。どれ位で動くんですか...?」

「1000ゴールド」

「えっ!!?」

「まぁ、そんなに払えないから少人数で大抵は来るんだけど...今回は、金額が低く過ぎて行く意味が無いって思われたんだろうね。」

(紙を取り)

「じゃぁ...行きますか♪猿狩り♪」

「はっ...はい!」


   

「永久ノ炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く