永久ノ炎

ポニベロス

第三話 出会い

森の中 


「すっかり町も見えなくなっちゃったな。」

(私は歩いて来た方を向き、故郷がすっかり見えなくなる事に少しだけ寂しさを感じる)

「次の町までは少し距離があるし...村とかあれば助かるんだけど...地図には村の位置は書いてないからなぁ...。周りは木しかないし...」
(地図を見ながら)

(場所は少し変わる)

アリサよりも離れた森の中


「はぁ!はぁ!」

(刀を必死に握りしめフードを着た女性は森の中を走ってる)

「まてぇ!この!女!!」
「商品は一匹も逃がすな!!」
 「あいつは悪魔族だ!高値になる!!」

(それを、屈強な男達が必死に追いかけてる)

「はぁ...はぁ...」(逃げなきゃ...!)

「ちっ!仕方ねぇ!お前ら、死ぬたく無かったら離れろ!!」

(ボスと思える男は鎌を取り出し、それをフードを着た女性にブーメランみたいに投げる。その鎌は木を斬り倒しフードを着た女性に襲いかかる)

「なっ!」

(咄嗟に刀で身を守るが衝撃が予想以上に強く体勢が崩れ、倒れる)

「っ...」

(立ち上がろうとした瞬間)

「逃がすかよ!!」

(近くに来ていたボスと思える男がフードを着た女性の腹部を思いっきり蹴り飛ばす)

「がはぁ!!」

(フードを着た女性は転がり木にぶつかる)

「はぁ...はぁ...」

(フードを着た女性は腹部を押さえながらもなんとか立ち上がるが周りには男達が囲んでる)

「っ...」

「この、仕事を増やしやがって!」

(フードを着た女性の顔を殴り)

「がっ!」

(倒れてしまう)

「この!」

(男達は倒れて横になった女性を踏んだり蹴ったりする)

「がっ!、あっ!、ぐぅ...『フレア』!」

(彼女は地面に炎魔法を撃ち、衝撃で空中に吹き飛ぶ)

 ️アリサの位置 ️

「何とか森は抜けたけど...まだ、何も見えないなぁ...初日は野宿かぁ...」

(アリサはアイテムポーチからテントを取り出して)

(アイテムポーチ。これは、10歳になると誰でも貰える。中に量の制限は無く重さも変わらない。使うアイテムを想像してポーチに手を入れれば取り出せる。もちろん、入ってないアイテムを取り出そうとしても出てこない)

「...ん?」

(テントの他にもう一つ影がある事に気が付く。)

「...なんか、近付いてきてない!?」

(空中を見るとフードを着た女性がこちらに一直線に落ちてきてる)

「えぇ!?」

(アリサはその彼女をなんとか、受け止めるとフードがズレ、顔が見える。その女の子は白い肌でキラキラしてる銀髪の髪をしており、目は気を失ってるのか見えないが、見なくても綺麗だと思える。そんな美しい女性だった、アリサは思わず)

「綺麗...」

(と声を出してしまった)




「永久ノ炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く