永久ノ炎

ポニベロス

第二話 旅立ち

(朝)

 ️役職登録場 ️

(ここは自分のやりたい役職を決め、それの認証をする場所。資格は誰にもあり、簡単な役職(冒険者や商人など)は誰でもなれる。でも専門学校を卒業しないとなれない役職もある(騎士や魔法使いに医者など)。因みに役職の変更は一回だけしか許されない。これは、その役職を登録する場所。)

(この場所に私。メル。ルナ。ユウキは役職登録に来た。受け付けに行き)

「すいません。役職の登録に来ました。」

(アリサはそう受け付けのお姉さんに良い。)

「私達も同じです。」

(続く様にメルとルナとユウキも言った)

「はい。役職の登録ですね♪4名様はかなり噂な人達ですよね。来ると思って事前に履歴や実績はもう確認してあります♪」
(お姉さんは優しく笑い)

「どの役職に就くのでしょうか?」

「私から登録しても良い?」
(アリサは後ろを向いて3人に言って)

「うん♪」
(3人は同じくOKを出して)

「ありがと♪。じゃぁ、冒険者になりたいです。」
(お姉さんに言い。)

「えっ!?、アリサさんってあの超有名な学校の卒業生じゃ無いですか!?しかも、履歴を確認する限り生徒剣術ランキング3位で炎の魔法は一位!本当に良いんですか!?」

「うん。外の世界に興味があってね。私は冒険者になりたいんだ。」

「そっ...そうですか...。分かりました。こちらの水晶に手を置いてください。」

(綺麗な水晶玉を出して机に置き)

「はい♪」
(手に水晶を置くと力強いが綺麗な赤い光が出る)

「...綺麗」
(ついつい、その光に見とれてしまい)

「登録が完了しました♪。そろそろだと思います♪」

(すると、空中から宝箱が落ちて)

「おっ、待ってましまた♪」

(この宝箱は役職を就く際に神様からの贈り物なのだと。自分の永遠のパートナーになる防具と武器が入ってる。(因みに役職によって武器や防具は別れる。)因みにレア度みたいな物があり最高レアのLRは歴代勇者しか引いた事が無い。武器は成長するがLRまで進化する事が出来たのは勇者だけ)

レア度
N
HN

RH
SR
SSR
UR
LR


「ざっ、オープン♪」
(宝箱を開けると...中身は普通の鉄の剣と布が巻いてある腕当てと丸い赤色のネックレスが入ってる)

「どれ...効果は...」

銀の剣 レア度N。
効果   なし。
レッドチェーン レア度 SR
効果  付けていれば普通の服でもダイヤの防具みたいな防御力を得れる。
永久の布 レア度  SSR
効果   無限に伸びる布で切れる事もなければ魔法をくらって燃えたり破けたりする事もない。

「うん。使える♪」
(装備を早速つけて)

「じゃぁ、次は私 ️!」
(すると、ユウキが水晶に手を置き武器が出てくる。因みに騎士は、所属すれば制服みたいに防具を貰うので武器だけ貰う事になる。たまにアクセサリーなどのおまけもあるが)

「えい!...えっ!?」
(ユウキが引いたのはUR武器だった。ハッキリ言ってUR武器は見るだけでもレア)

「わぁ...!凄いです!」
(ルナは驚きながら)

「あぁ...初めて見た。」
(メルも驚いて)

(それから、二人は登録を終え宝箱を開く。この二人も神引きをしてメルは全てSSRの防具に武器にアクセサリー。ルナは医者を希望なのでアクセサリーは確定で武器ももらえる。アクセサリーがURで武器はSSRとこっちも神引きだった)

「えぇ...。私えぇ...」
(あまりに周りが良すぎて、自分の装備を隠したくなる。)

全員の登録が終え。門の前に行く。

「さて...行こうかな。ルナとメルは転送門を使うもんね。」

転送門。転送施設があり、そこから行きたい町を指定して行ける。だが、転送門がある町は少なく。遠くに行っても帰りは馬車や歩きでないと帰れない事も多い。

「うん。着いていくか?」
(メルが少し意地悪な顔をして良い。)

「私が泣いて着いてきてー!何て言うと思うからしら?」
(っとルナとユウキを見て)

「からかわないでください!
                             うなぁ!」
(二人は息ピッタリに同じ言葉を言って)

「ふふ♪じゃぁ...旅に出るわ。まぁ...暇があったら遊びに来るわ♪」

「あぁ。気を付けて。」

「うん。怪我はしないでくださいね...」

「そうよ...あんた、無茶はいつもするんだから。」

(3人が心配の声をかけ)

「それは、お互い様でしょ?。貴方達も気をつけなさいよ。...それじゃぁ...行ってきます♪」 

私はこの日、初めて外の世界に始めの一歩を歩きだした。

「永久ノ炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く