スゴロク×バトロワ

3rdman

選択

「能力は10種類。詳細はタブレットに表示させるから良く考えて決めてね!参加者10人別々の能力にしたいから欲しい能力が被った時はサイコロを振って一番最初に(1)の目を出した人がもらえる仕組みだよ」

「1時間後に投票を行います!それでは!また会いましょう!!」

その言葉を最後に、タブレットからの音声は消えた。だが、青白い画面に、先ほどまでには無かった文字が浮かんでいる。

ガシャン!

俺を縛っていた拘束具が外れた。よし、これで体は自由だ。
周りに何があるのか調べたいところだが部屋は相変わらず暗く、何も見えないのでひとまず能力の確認が先だろう。

タブレットの画面中央に大きく浮かんでいる「能力一覧」という文字をタップする。

10列程の文字が浮かんできた。




       〈能力一覧〉


一度だけゲーム開始以降の好きな時間に戻すことのできる能力(時間を戻した後、再び戻すことはできない) 


一度だけ自分が殺されるとき、代わりに殺した相手が死ぬ能力
 

参加者全員の能力を全て確認できる能力
 

触れた者の所持金を奪う能力


獲得できる金額が2倍になる能力


自分より所持金の低い者に殺されない能力


2回だけ好きな場所のボーナスマスとトラップマスを入れ替える能力(マスに移動してから1分以内に発動させるか決められる)


2人とテレパシーが行える能力(1度能力を使用したらゲーム終了までその相手としか行えない)


1人だけ好きなタイミングで何度でも自分のいるマスに呼び出せる能力(1度能力を使用したらゲーム終了までその相手しか呼び出せない)


3回だけ自分と同じマスにいる者全員そのマスにいる間の殺害・攻撃を禁じる能力





なるほど、主にゲームのシステムに関わる能力なのか。SFに出てくるような超能力を想像していたので、隙あらばこのゲームを仕組んだ奴に使ってやろうと思っていたが、さすがにそうはいかないか、、

そもそも“能力”と聞いて超能力を想像すること自体現実的では無いが、このおかしな状況で感覚が麻痺しているのかもしれない。



しかしこの時間を戻すとはどういうことだろうか、他の能力はわりと現実的ではあるが、この能力だけ異様だ。戻す時間のマスに皆を移動させるだけなのだろうか、それとも死んだ人間まで生き返るのか?クローン人間を作って生き返ったように見せるとか?

考えてもきりがない。とにかく最も最善の能力を選ぼう。
俺が目をつけたのは“参加者全員の能力を全て確認できる能力”だった。この能力があれば危険な能力を持った者とそうではない者を見分けられるからだ。もちろん能力に限っての話だが、“一度だけ自分が殺されるとき、代わりに殺した相手が死ぬ能力”がある以上やみくもに攻撃してくることはおそらく無いだろう。もしかすると協力者も作れるかもしれない。


他の能力についても考えたが、俺は“参加者全員の能力を全て確認できる能力”を選ぶことにした。そして、能力を決める投票の時間までこの真っ暗な部屋を調べたが、何もないただの部屋だった。




「さあ!能力選別始まるよ~!自分が手に入れたい能力に投票してね」


俺は“参加者全員の能力を全て確認できる能力”にチェックをつけ、送信ボタンを押そうとした、、、

いや、待てよ?本当にこの能力で良いのか?
その時俺はある能力が気になった。

 

「スゴロク×バトロワ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く