陽炎と鬼ごっこ

Satoshi

一気に。

愉快な気持ちがここまで心地いいとは。
久しぶりに味わったが昔と変わらない。
光が影を覆い尽くす頃に。
後ろ指は刺されなくなった。

「陽炎と鬼ごっこ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く