陽炎と鬼ごっこ

Satoshi

真っ逆さま

手綱を離したのがまずかった。
地球の裏側まで行くんじゃないかと心配はした。
その勢いを保ちながら赤い目で通り過ぎる。
俺のスピードについて来れるのか陽炎。

「陽炎と鬼ごっこ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く