陽炎と鬼ごっこ

Satoshi

誰もいない

そこには誰もいない。
人影は陽炎に怯えて更けていった。
じゃあお前は誰なんだよとにべもなく突き飛ばした。
感触はなかったが、確かにそこにいた。と思う

「陽炎と鬼ごっこ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く