話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アサシン

和泉太己

第十六話 剥がれる顔


こうして月日が流れたある日、自体は急変した。
真司はあることをすっかりと忘れていた。
自分が殺し屋であることを。
それを思い出させてくれたのは意外にもゆいこだった。
ある時二人でベッドで横になっているときにゆいこが不自然な動きをした。
怪しく思ってふとゆいこの方を覗いてみると赤ワインに何やら白い粉を入れているのがわかった。
その瞬間真司は忘れていたことを思い出した。
急いでベッドから飛び退き銃を取る。
「動くんじゃない」
落ち着いてそう言うとゆいこは不意に笑い出した。
そしてこう言う。
「気付くのが遅かったわね、私なら今頃あなたを100回は殺せてるわ」と落ち着いた口調で言った。
そしてゆいこは立ち上がると太ももにつけていたホルスターから銃を抜き取り真司に向けた。
そしてこう言い放つ。
「さあ楽しませてちょうだい」と。

「アサシン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く