話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アサシン

和泉太己

第十三話 追いかける者

車を走らせていると別の車が追いかけてきているのがわかった。わざと気づかれないように自分の車の2台後ろにつけているが間違いない。相手は殺し屋か?などと考えているとその後ろから怪しい車が3台いることに気づいた。「しまった。囲まれる!」そう思った俺は信号を無視して全速力で車道を突っ走る。当然相手も追ってきて俺を囲もうとしている。前代未聞のカーチェイスが始まった。うまく加速させながらカーブに差し掛かる。
するとそれを追うようにして奴らもついてきた。すれ違う木々や人々を通り過ぎる速度が速くなっていく。俺はさらにアクセルを踏みながら夜の街を駆け抜けた。とここで俺は気づく。ここは裏路地が多いうまくいけば逃げ切れるかもしれないと。
ここで俺は動いた。素早く裏路地に入るとさらに車を加速させ、また裏路地へと入っていった。すると一台また一台と数が減り遂に追跡を巻くことができた。俺は一安心しながら車を走らせて夜の街へと姿を消した。
その頃人気のないバーでは一人の女が彼女と話をしていた。「こいつを始末すればいいのね?」「ええそうよ」「わかったわやってみましょう」「ありがとう」とトントン拍子に話は進み最後に一言彼女から「よろしくねカナリア」と言われると「任せて」と言いカナリアはバーから出ていった。
残った彼女は注がれたバーボンを飲みきりこう思った、「さあ今までの殺し屋とはまったく違うタイプの殺し屋にあなたは勝てるかしら」と。

「アサシン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く