話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アサシン

和泉太己

第十二話 過去の話

それは今から数年前、ちょうど俺が裏社会に入ってすぐのことだった。情報屋からとある情報が入ってきた。それは殺し屋集団募集という募集である。当時まだあまり知名度の無かった俺はそれに参加して名声を上げることを目的に参加した。だが実際にはゼロという名の組織構築のための人員集めだった。そこの目的はただ一つ、目的のために動き自らの命を犠牲にしても作戦を遂行する人材が欲しかったのだ。参加者にはスコーピオンのタトゥーが入れられ会員番号が入れられた。初めのうちは冗談だろうと思っていたがやっていくにつれて段々とミッションが危険なものになってきた。そこで俺たちは上の奴らを殺して脱走し、殺し屋として働くことを決めたのだ。こいつらも俺と同じでその後は殺し屋をしていたらしいが雇われたのはつい最近だろう。しかし彼女がいつこの組織のことを知ったのかは知らないがこうなれば早めに行動しなければならない。待っていてはこちらが危険だ。とにかくここも知られていることだろう早くここも離れなければ、、、そう思い俺は車に乗り込んだ。

「アサシン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く