話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アサシン

和泉太己

第一話 裏社会の住人

俺の名は加藤真司(かとうしんじ)表向きはどこにでもいる普通のサラリーマンだ。だが家のポストに赤い封筒が入ると俺は別人となる。そうサイレントアサシンに。
今夜は赤い封筒の代わりに白い封筒が来た。例のものができたらしい。顔見せがてらに寄るか、と思いつつ厚手のマントを羽織る。
俺がついたところは古びた酒屋の前ドアをノックすると中から髭の生えたお爺さんが出てきた。警戒しつつ中に入り奥の戸棚に手をかけるそして横にスライドさせると出てきたのは膨大な武器の数々だった。古いものから新しいものまでありナイフはもちろん小型ボウガンや組み立て式弓矢、オートマチック銃まで様々だ。そんな中俺が頼んだ武器が出来上がったと言うので見にきたのだ。「この二点でいいかね」とお爺さんが言うと美しい漆黒に輝くステッキと牛革でできたキャリーケースを持ってきた。そして解説をし始めた「この杖はエアライフルの構造を仕組んだ仕込み杖だ口径は頼まれた通り1mm使用にしておいたぞ。消音器もはじめから備え付けてある。打った音はかき消され誰にもばれんよ。」と言いステッキを差し出した。「次にこのキャリーケース。こいつにはいくつもの仕掛けがある。まず一つ目の機能は煙幕装置だ。水蒸気型の簡易式だが濃さはかわらん。そして二つ目は通信機器、これならばモールス信号でも暗号でもなんでも送れる。そして次にX線を凌ぐための特殊な板、これで何もX線には映らない。」とこれも手渡したところでお爺さんが何やら一つ持ってきた。「これを使ってみてくれんかね。まだ試作段階だが有能性を知りたくてね。」と言って取り出したのは何やら銃の形をしたものだがタンクがついているこれは一体なんだろう。「爺さんこれはなんだ」「これはアサシンライフルとでも名付けようかの、圧縮ガスを使って弾を飛ばす銃じゃよ。栓を開け閉めして調整することで威力を変えれる。おまけに音もしないこれはなかなかいいと思うんだがいかがかね?」「うん、悪くない買っていくよ」「いやいやこいつのお代はタダでいいよ試作品を使ってくれるやつなんて他におらんからな」「わかったじゃあこの二品分だけ払おう」「あいよ、毎度あり」と言葉を交わして店を出る。
そうして彼は夜の街へと消えて行った。

「アサシン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く