話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

永遠の抱擁が始まる

悪魔めさ

第四章 三人の抱擁が始まる【アスラのように1】

「ねえ、それ、なんの話?」
 
 三人の遺骨と関係のなさそうなことを彼が言い出すものだから、あたしは素直な疑問を口にしていた。
 
「コールセンターなんて、五千年前はなかったじゃん」
 
 夫はというと、何事もなかったかのように前菜に手を伸ばしている。
「これは屁理屈だけどね」と、彼は前置きを入れた。
 
「五千年前にコールセンターが無かったなんて証明はされてないじゃないか。もしかしたらあったかも知れない」
「ホントに屁理屈だ」
「まあね。そもそも僕はさ、何についての話をするのかを宣言していないよ? 全く関係のないネットで見つけた都市伝説を語っただけなのかも知れない」
「まあ、そうだけど」
 
 言葉では肯定しつつも、どうも引っかかる。
 彼がここで遺骨と無関係の話を持ち出すとは思えない。
 しかし聞いた話の中には子供が登場していないのだ。
 今の物語が、果たして何に結びつくのだろうか。
 
 できれば仲良し親子が抱き合って天国に行くといったような、素敵な終わり方をする話が聴きたい。
 どうしても聴きたいのだ。
 
 あたしは攻め方を変えた。
 
「じゃあ、してよ、宣言」
「そうきたか」
「あの三人のお話をするって、宣言して」
「仕方ないな」
 
 彼はフォークを置くと、そっと口元を拭う。




 ぶっきらぼうな印象の馬車乗りに料金を支払い、私は故郷の地に足を降ろす。
 埃っぽい風が私のスカートをはためかせた。
 
 仕事の依頼がなかったら自らここを訪れることはなかっただろう。
 ここには様々な思い出がある。
 楽しいこともたくさんあったが、それらを帳消しにするような不幸もここで味わった。
 
「まだ十歳だったなあ」
 
 独り言が自然に出て、私は一人苦笑する。
 
 懐から手紙を取り出し、差出人の名に目をやると今回の依頼人は男性であるようだ。
 指定された広場へと歩を進めた。
 
 私は様々な物語を数多く覚えていて、それらを大衆に語ることによって生計を立てている。
 巨塔の国が発祥で、その職業は当時実在したとされる愛の女王がたいそう気に入ったことで知られている、いわゆる語り部というやつだ。
 イベントという形で自ら人を集めて喋ることもあれば、今回のように依頼を受け、出向くこともある。
 上手に話すことに関してはまだまだ修行の必要を感じるが、生活出来る程度の収入ならあって、そこそこに名も広がってきていた。
 女が語り部をやっていることも、片腕が無いことも珍しいのだろう。
 同情されるのか、私に定期的に依頼してくれる固定客までいる。
 
 広場に着く。
 遊具やベンチが設置されているところを見ると、小さな公園であるようだ。
 兄弟らしき小さな子供が二人、ブランコに乗って遊んでいた。
 依頼者はまだ到着していないのだろう。
 
 私はベンチに腰を下ろす。
 
「お姉ちゃん!」
 
 ブランコに乗っていた子供たちが駆け寄ってきた。
 女の子と男の子だ。
 六歳と三歳の姉弟といったところか。
 姉らしき少女が目を輝かせている。
 
「お姉ちゃん、お話聞かせてくれる人?」
「え? そうだよ」
 
 この子たちはどうやら依頼人の関係者らしい。
 子供と接すると、自然と笑顔になる。
 私は兄弟たちに微笑んだ。
 
「ねえ、お嬢ちゃん。クラークさんはいつぐらいになったら来るか分かるかなあ?」
「もう来てるよ!」
「え?」
 
 さっと辺りを見渡す。
 しかしそれらしき人物はどこにも見当たらない。
 
「どこかしら?」
「ほらここ。クラークだよ。クラークの、クラちゃん」
「え?」
 
 少女は自分の弟らしき少年を示している。
 私は思わず目を見開いた。
 
「この子が? お手紙、大人の人が書いたみたいだったけど」
「いえ、とんでもない。あの手紙は僕が書きました」
 
 少年から発せられた大人びた口調に驚く。
 どう見ても三歳ぐらいなのに、この子があんなしっかりとした文章であたしに仕事の依頼を?
 
「本当に? 君がお手紙で、あたしにお話を頼んでくれたの?」
 
 懐から依頼状を取り出し、クラーク少年に見せる。
 
「これを、君が書いたの?」
「はい、僕からの依頼です」
「はあ」
 
 最近の子はどうなっているのだろう。
 これはもはやマセているどころのレベルではない。
 彼からにじみ出る知性や品格は何事なのだ。
 このクラーク少年が本当に依頼状をしたためたのだとしてもうっかり納得してしまいそうで不思議だ。
 
「報酬についてはご心配なく。手紙にあった額をきちんとお支払いしますので」
「はあ」
「お姉ちゃん、早くお話して!」
 
 少女が嬉しそうにピョンと跳ねた。
 
「でも、ちょっと待って」
 
 私はベンチから腰を上げ、二人の前でしゃがむような体勢になる。
 
「お金なんだけど、それってどこから持ってきたの? お父さんやお母さんに貰ったの?」
 
 クラーク少年が静かに微笑んだ。
 
「僕らには両親がいません」
「あ、そうなの。ごめんね」
「いえ。ちなみに今回用意したお金なんですが」
「うん」
「元々蓄えてあったものです」
「あ、そうですか」
 
 まさか三歳児に敬語を使う日が来るとは思わなかった。
 
「じゃあ、今日のお客さんは君たち二人ってことでいいのかな?」
「ええ、そうですね」
「そう! お話してー!」
「そっか」
 
 子供から料金を頂戴することになんだか複雑な気分になる。
 話し終えたあと、報酬額は半分ぐらいに負けておこう。
 
「じゃあ、二人ともベンチで座って聴いてね。どんなお話がいい?」
 
 すると依頼者、クラーク少年はわずかに目を伏せる。
 
「失礼を承知でお願いします」
「はい?」
「あなたが既に知っている物語ではなく、あなたが想像しながら物語を作り、それを聞かせていただけませんか?」
「え?」
 
 どういうことだろう。
 そんな依頼は初めてだ。
 私は正直、戸惑いを隠せなかった。
 
「あたしがストーリーを作るの? いや、そういうのはやったことが……」
「是非お願いします。報酬を倍にしてくださっても構いません」
「いや、ちょ、それはいい!」
「お願い、お姉ちゃん!」
 
 少女が泣きそうな顔で横槍を入れた。
 
「お願いします」
 
 クラーク少年も真剣な眼差しだ。
 
「分かった! 分かったよ!」
 
 私は大袈裟に片手を挙げて、降参の意を示す。
 
「でも、つまらない話になると思うよ? いいの?」
「構いません」
「構わないんだ……」
 
 なんだか不思議な依頼である。
 普通の子供っぽい子供から頼まれたなら、それはただの気まぐれによる依頼だと判断できる。
 だがこのクラーク少年、何か他に真意がありそうで怖い。
 
「じゃあ」
 
 あたしはある種の覚悟を決め、改めて二人を前にする。
 
「どんなお話がいい?」
「無礼や失礼を承知でお願いします。気に障ってしまうとは思うのですが、どうしてもお話していただきたいことが」
「ん?」
 
 クラーク少年は、痛みに耐えるかのような、辛そうな表情を浮かべている。
 彼から発せられた次の言葉は、私の頭を一瞬だけ真っ白にした。
 
「片腕の女性が主人公で、失った腕が蘇るような結末にしてください」

「永遠の抱擁が始まる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く