カミヤ

BlueBerry

5

「失敗したかの・・・」

少年は言う。その見た目に相応しくない老人のような言い方だった。

地下世界アンダーワールドが都市部を中心に復活しました。那津夢ナツム様」

同い年くらいの少女が言った。

陽南乃ヒナノ。彼はどうかの?」

少年、那津夢が尋ねた。少女、陽南乃は頭を下げた。

「まだ目覚めておりません」

と、陽南乃は言う。ふむ、と那津夢は顎に手をあてた。

エムの兄であるかのう」

那津夢が言う。

「外出中の為、不明です」

陽南乃が言う。

「彼が目覚めたら知らせておくれ」

那津夢が言った。

「分かりました」

陽南乃が言った。

「カミヤ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く