犯人達の工作
推理

連載中:4話

更新日:

犯人達の工作

  • あらすじ

      密室殺人を専門に推理する安楽椅子探偵・小室錠家は警視庁捜査一課警部の安田道史の依頼で、耳に青酸カリの塗られた針を刺されて死んでいる密室殺人事件を解決する(「刺毒す~さす~」)。
     
      それから、大会社の社長が、脈がなく瞳孔が開いた状態で発見された密室殺人(「騙死す~だます~」)やシャーロック・ホームズシリーズで唯一の密室殺人事件である『まだらの紐』と状況が似た密室殺人(「使蛇う~つかう~」)、エドガー・アラン・ポーにより世界で初めて執筆された推理小説『モルグ街の殺人』と状況が似た密室殺人(「操人る~あやつる~」)など。あらゆる密室殺人に挑み、日々奮闘する安楽椅子探偵。
     
      小室の助手の井草仁の視点で描く、密室殺人推理小説。
     
      ※この作品はアルファポリス、小説になろうでも公開しています。
     
      ※「小説家になろう」に投稿している「犯人達の工作」は都合上少し進んでいる場合があります。

「犯人達の工作」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品