話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

異常事態と自己紹介

「……そろそろ、落ち着いたか?」

初対面の相手の顔を見て、何の前触れもなく泣き出すという異常事態に見舞われた俺達は、現在カウンセリングルームにて、背中を向け合って座っている状態だった。

お互い、相手の姿を視界から外せば、次第しだいに落ち着いていくだろうという彼女の提案に従った結果だ。

そして、互いの呼吸が整った頃合いを見計みはからい、俺は背中越しに声を掛けた。

「……えぇ。私の方は、もう大丈夫よ。貴方あなたこそ平気なの?」

彼女もまた、背中越しに言葉を返す。

大丈夫だと言いつつ、身体をこちらに向けないのは、俺を気遣きづかっているからか、それとも見栄みえを張っているだけで本当は落ち着けていないのか。

あるいは、単に俺の動きに合わせただけという可能性もあるな。

「……ああ。もうアンタの顔を見ても何も感じない」

嘘だ。

今の俺に見えているのは、彼女の横顔だけだけど、それでも胸が締め付けられるような、切ない想いが止めなくあふれてくる。

しかも、胸の内から込み上げてくる想いは、それだけでは無い。

怒り、悲しみ、無力感、恐怖、罪悪感、後悔、安堵あんど、感謝、期待、そして喜び。

様々な感情を鍋に放り込み、グチャグチャにき回したように、俺の心は混沌としている。

加えてたちの悪いことに、そんな有様になってなお、彼女から目が離せない。

まるで、目をらした瞬間に彼女が消えてしまう事を恐れているような、そんな感覚。

ここまで自分の心が制御不能になったのは、初めての経験だ。

「……嘘ね。いきなり情けない所を見せちゃったけど、これでも私はカウンセラーなの。心の動きをる事に関しては、誰よりも敏感なプロなんだから、中途半端な誤魔化しは通じないわよ?」

こちらの真意をピシャリと言い当てる謎の美女。

しかし、その口調は、どことなくおどけていて柔らかく、全てを包み込むような慈愛に満ちている。

そんな彼女の言葉は、まるで言霊ことだまでも宿っているかのように、自然と俺の緊張を奪い去っていった。

「……やれやれ。やっぱり、アンタが魔王学園専属のカウンセラーだった訳か。俺はシルク・スカーレット。同じく、ここの専属校医だ。仕事柄しごとがら、顔を合わせる機会も多いと思うから、これからよろしく」

ようやく本当の意味で立ち直った俺は、ゆっくりと腰を上げて、身体ごと正面から彼女に向かい合う。

そして、彼女に向かって手を差し出すと、彼女も椅子いすから立ち上がって、俺の手を取った。

「こちらこそ、どうぞ宜しく。私はアインスト・リーベ。人の夢に干渉する魔法を受け継ぐ夢魔むまの一族よ。精神の治療が専門で肉体の治療は門外漢もんがいかんだから、いざという時は頼りにさせてもらうわね?」

「ああ、俺の方こそ。精神干渉に特化した使い手は超が付くほど稀少きしょうだからな。そんな相手が同じ職場にいるのは心強い」

こうして、俺達はようやく腰をえて話し始めた。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く