話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

あちらを立てれば、こちらが立たず

「それにしても、面倒な事件が起こったものですね。ただでさえ人間界で不可解な問題が発覚したばかりだというのに。こうも立て続けに厄介事やっかいごとが舞い込んでくると、革命派の事を抜きにしても陰謀いんぼうめいたものを感じてしまいます」

この後に待ち受ける修羅場しゅらばを思ってか、重い溜め息をくルクスリア。

そして、そんな彼女のセリフに耳聡みみざとく反応したルミナリエが、コクリと首をかしげた。

「……人間界でも何かあった? もしかして、人間の受験者がアイネだけだった事と関係している?」

ルクスリアのわずかな言葉から、ズバリと真実を言い当てるルミナリエ。

こういうかんの良さというか、鋭い観察力は天性のものなのか、はたまた彼女がルクスリアの元でつちかった能力なのか。

仮に後者だとしたら、ルクスリアって教官としても優秀なんじゃなかろうか。

「良く気付いたな。実は魔王から聞いた話なんだけど――」

それから、人間界で発生した複数の失踪しっそう事件について、聞いた限りの事をルミナリエに伝える。

もちろん、誰にでも言い触らして良い情報じゃないけど、既になかば確信しているようだし、彼女が相手なら大丈夫だろう。

立場的に、この手の機密の扱いには慣れてるだろうし、革命派の事も知ってるくらいだしな。

それに、ルクスリアも止めなかったし、視点と頭脳は多い方が何かと助かる。

「……そう。そんな事が」

「ああ、何故なぜかアイネだけは無事に辿たどり着けたみたいだけど、そのカラクリも不明なままだ。魔界に来た手段についても“定期船は使っていない”という事しか分かってないしな」

「彼女の故郷の里については、近いうちに調査する必要がありそうですね。今回の件とは無関係だとしても、将来的に魔界の脅威きょういになるかも知れませんから」

「……うん」

共に過ごした時間は短くとも、アイネに対して少なからぬ情を抱いているルミナリエは、どこか後ろめたさを感じている様子だ。

実際のところ、アイネ自身からは悪意や邪気が全く感じられないから、疑いの目を向けるのが心苦しいという気持ちは分かる。

とはいえ、事の重大さを考えれば当然の処置だという事も、魔王の娘として理解しているのだろう。

友情と立場の間で板挟いたばさみになる彼女を見兼みかねた俺は、ひとまず話題を変える事にした――のだが。

「そう言えば、ルクスリア。ずっと気になってたんだけど、お前は何処どこで魔王と統一議会のり取りを聞いてたんだ?」

「……いったい何の事でしょうか? 私には全く心当たりが無いのですが?」

一切のよどみもなくなめらかに動いたくちびるからつむがれた言葉には、動揺も無ければ震えも無い。

しかし、そのひとみが、これでもかと泳ぎまくっているために、痛い所を突かれたのが丸分かりだった。

ただルミナリエを気遣っただけなのに、どうやら今度はルクスリアのフォローをしなければならないらしい。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く