話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

ただ1人の私として

「えっ?」

自嘲じちょうの言葉をらし、暗い笑みを浮かべてうつむいていたルクスリアだが、ルミナリエの突然の罵倒ばとうに、思わずといった様子で顔を上げる。

「……アホ、マヌケ、アンポンタン」

「あの……姫様?」

しかし、ルクスリアが驚いたのは、ルミナリエにののしられたから……では無いと思う。

きっと、今にも泣き出しそうな、ルミナリエの悲しげな声音こわねに困惑したからだろう。

「……変態、のぞき魔、ツルツルぺったん」

「もはや、ただの悪口じゃないですか! 少なくとも今回の件には関係ないでしょう!」

とはいえ、流石さすがに黙って看過かんかできる限界を超えたのか、ルミナリエに激しくツッコんだ。

そして、すぐさまハッとしたように口を押さえる。

どうやら、先程のツッコミは、つい反射的に無意識で動いた結果らしく、ルクスリア的には失態だったようだ。

だけど、そんなルクスリアを見つめる、ルミナリエの顔は、むしろほころんでいた。

「……やっと、いつものルクスリアに戻って来た」

「姫様……」

どうやら、さっきの罵倒ラッシュは、ルクスリアを元気づけようという、ルミナリエの気遣きづかいだったらしい。

流石に長い付き合いだけあって、ルクスリアの扱い方を心得ているな。

そして、はかなげな笑みを浮かべたまま、ルミナリエは言葉をつむぐ。

「……ルクスリアが、その期待を私の前で口にした事は無かったけど、別に聞かなくてもハッキリと伝わってた。でも、私は、ルクスリアの事を家族のように思ってる。そんな相手から向けられる期待は、名前も知らない【誰か】の期待と違って心地ここちよかった。魔王の娘として、だけじゃなく、ただ1人のルクスリアとして、私を見てくれていたから。ルクスリアに、もっとめられたい、もっと成長した私を見てもらいたいって思った。それが私の向上心を支える柱の1つになっていた。……けど、それは、私の都合の良い妄想もうそうだった?」

どこかおびえているような、それでいて甘えているような、そんな声音と表情で尋ねられて否を返せる者が、この世界に、どれだけいるだろうか。

当然、ルクスリアには不可能だった。

あふれる想いをこらえきれぬとばかりに、ルミナリエを抱きしめ、心の内から絞り出すように思いのたけを叫ぶ。

「そんな事はありません! 私は血によって受けがれた魔力や才能だけでなく、姫様自身がつちかったものを確かに肌で感じていました! 魔法を極めんとするくなき情熱を、強さにおぼれない誇りを、どんな困難にも折れぬ信念を! だからこそ、魔王様だけでなく、貴方にも心から仕えたいと思ったのです! ……そして、同時に、私自身も姫様の事を血の繋がった家族のように、おしたいしております」

「……それなら、なんの問題もない。ルクスリアは私を見て、私を愛し、私に期待してくれていただけ。そこには何の罪もありはしない」

「姫様……。姫様ぁっ!」

「……よしよし」

とうとう泣き出してしまったルクスリアを、優しくなだめるルミナリエ。

そんな家族のいとなみを、俺はうらやましく思いながらも静かに見つめていた。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く