全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

理想と現実

「強いな、アイネは」

「……そんな事ありません。むしろ力不足という現実を突き付けられる事の方が多いです。ただ、それでもあきらめたくない夢があるから、必死に足掻あがいてるだけですよ」

そう言って苦笑するアイネの顔に、ほんの少しだけ影が差した気がした。

彼女は意外と本心を隠すのが上手い、それは既に体感済みだ。

にもかかわらず、今の変化は俺でも気付けるものだった。

つまりは、それだけ強く思う所がある、という事か。

もしかしたら、その夢とやらを抱いた切っ掛けが、何かしらの暗い過去に由来するものなのかも知れないな。

力不足という現実を突き付けられる事が多いとか、意味深な事も言ってたし。

「その夢ってのは、“いつか奪い合うための争いが無くなった世界を作りたい”ってやつか?」

「……もう、シルクさんってば。あの話まで盗み聞きしてたんですね?」

「あははっ、悪い悪い」

ぶっくりとほおふくらませて、分かりやすく不機嫌をアピールしてくるアイネだけど、正直ぜんぜん怖くないな。

むしろ、リスみたいで可愛らしいし、なんなら微笑ほほえましいとすら思う。

そもそも、本気で怒っているようには見えないしな。

「……まぁ、良いですけど。本気で聞かれたくない内容なら、あんな開けた森の中ではなしませんから。むしろ、話を聞かれた事よりも、盗聴という行為そのものについて物申したいです。私だから、こんな簡単に許してますけど、他の女の子にまで同じ事してると普通に嫌われますからね?」

「分かった。今度からはバレないように気を付ける」

個人的には嫌われても別に気にしないけど、校医という立場で信頼を失うと、仕事に支障が出るからな。

たとえ回復魔法だろうと、警戒けいかいしてる相手に干渉かんしょうされると無意識に抵抗してしまうものだし、そうなると治療の効果や効率が大きく下がる。

最悪の場合、それが理由でクビになりかねないし。

「気を付ける所が間違ってます……」

「仕方ありませんよ、アイネさん。シルクさんは、こういう人なのです。ですが、本気で嫌になった時は遠慮なく教えて下さい。魔王様に進言して、お仕置きして頂きますから」

ルクスリアのおどしに、思わず身体がビクッと反応する。

「おいおい、勘弁してくれ。そんな事より、今はアイネの夢の話だろ?」

というか、俺だって仕事に関係ない所で盗聴なんてするつもりは無いぞ。

あれは、あくまでも試験監督の一環として行ったまでだ。

「そもそも、シルクさんが原因で脱線したんですけど……。えっと、それで私の夢でしたね。確かに、私の夢は奪い合うための争いを無くす事です。そして、いつか魔族も人間も関係なく、皆が平穏に暮らせる世界を作りたい。そのために、私は魔王学園に来たんですから」

強い決意を秘めた瞳で、こちらを見つめるアイネ。

その真っ直ぐな視線には、僅かな揺らぎも見られない。

「なるほどな。……だったら、あの事についてもはなしておいた方が良いか。実は例の魔族の少女について、分かった事があるんだ」

「……盗聴マニアのシルクさんに聞いた所で無駄かも知れませんが、プライバシーという言葉は御存知ごぞんじですか?」

俺の話をさえぎるように、ルクスリアが口をはさむ。

「誰が盗聴マニアだ、こら。それくらいは勿論《もちろん、知ってるよ。だけど、アイネは人間だというだけの理由で、理不尽な敵意を向けられて、実際に殺されかけた当事者だ。そうなった経緯を知る権利くらいはあるだろ? それに、いずれ魔族と人間の垣根かきねを超えるなら、知っておくべきじゃないか? 今の両者をへだてる壁と、彼女がただの狂人じゃなかったという事実を」

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く