全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

ルクスリアの過去

「……それで? どうして俺の後に付いて来るんだ?」

学園長室のある本校舎から、魔法実験のための施設がそろった実験棟に向かう道中。

俺は3歩分の間隔かんかくけて追尾してくる彼女に向かって、首だけ振り返りながら声を掛けた。

すると、その彼女――ルクスリアが不本意だという顔で口を開く。

心外しんがいですね。私は、ただ2次試験の会場である実験棟に向かっているだけですよ。お互いの目的地が同じなのですから、こうなる事は必然ではないでしょうか?」 

「だからって、真後ろを歩く必要は無くね?」

そう、ただ俺と同じ方向に歩いているというだけなら、わざわざ声を掛けたりしない。

せいぜい、“3歩後ろを付いてくるとか、お前は何時いつの時代の良妻賢母りょうさいけんぼだ?”……とか思う程度だ。

しかし、最も視界に入りにくい真後ろにポジションを取られてしまうと、まるで暗殺者に狙われているようで、落ち着かないんだよなぁ。

「申し訳ありません。しかし、迂闊うかつ貴方あなたの視界に入ると、一挙手いっきょしゅ一投足いっとうそくに至るまで、め回すように見つめられる恐れがあると判明しましたので」

「だから、アイネの事は仕事の延長だっつってんだろうが……」

学園長室で報告した時から、ルクスリアの悪ノリは継続中だ。

いったい何が、そんなに気に食わないのやら。

「……確かに、それはそうなのですが。私は、いったい何が、そんなに気に食わないのでしょうね?」

「俺に聞くな。というか、その答えは、むしろ俺の方が知りたいんだけど?」

お前が分かっていない、お前の気持ちを、俺が知る訳ないだろうに。

「……クスクス。貴方にも分からない事があるんですね」

「そんなの当然だろ? 世の中、分からない事だらけだよ」

特に今回の事件は、色々な事が裏で重なっている気がしてならない。

そして、それゆえ全貌ぜんぼうが全く見えないのが問題だ。

元凶さえ判明すれば、俺か魔王が対処して、すぐにでも解決できるんだろうけど、今のところ決定的な手掛かりは見つかっていない。

「……初めて貴方と出逢であった日、私は人生で二度目の敗北を味わいました」

急に立ち止まって、どこか遠くを見つめながら、ルクスリアが呟く。

それまでの冗談じょうだんめいた態度から一転いってんして、その口調はひどくく真剣なものだ。

だから、俺も足を止めて、首だけでなく身体ごと、ルクスリアの方に向けた。

「……もしかして、最初の敗北は魔王が相手か?」

十中八九、間違いないと思いつつ、俺は少しの意外感も覚えていた。

あのルクスリアが、魔王に挑んだ時期があったのか? と。

そんな俺の驚きを感じ取ったのか、ルクスリアが照れくさそうに苦笑する。

「お察しの通りです。あの頃の私は若く、傲慢ごうまんで、そして身のほど知らずでした。“歴代最年少で七星剣しちせいけんに選ばれるかもしれない”。そんなうわさが立つ程でしたから、根拠の無い自信という訳でもありませんでしたが、とにかく増長しきっていたのです。その結果、私は取り返しのつかないあやまちを犯す所でした。そんな私を救ってくれたのが、魔王様だったのです」

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く