全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

疑問

失踪しっそう……ねぇ。誘拐ゆうかいで無いという根拠こんきょはあるのか?」

魔族の少女の身体には、謎の魔法生命体が寄生していた。

あんなものが自然界に存在しているという話は聞いた事が無いし、第三者の接触があったのは間違いないと思う。

二つの事件が同一犯どういつはん、あるいは同じ組織による犯行だと決まった訳じゃないけど、うちの受験生という共通点がある以上、接触して誘拐された可能性は充分に考えられる。

「むしろ、その逆ですね。誘拐だという証拠が何一なにひとつとして見つからないから、失踪という扱いになっているそうです。集団失踪事件が発覚した経緯としては、人間界と魔界を繋ぐ定期船に受験生が現れず、詳しく調べた結果、“数日前から行方不明になっていた”事が判明した、という流れのようです。ちなみに、転移魔法の使い手が失踪事件に関わった形跡けいせきは無いですね。……あくまで人間側の話ですが」

「まぁ、転移魔法を扱える人間は限られているし、国家によって厳重に管理されているからな。たった一つの犯罪を犯すだけでも至難の技だろう。……でも、だとしたら、魔族側は相当に疑われてるんじゃないか? 魔族にも転移魔法の使い手は少ないとはいえ、そんな実情は知らないだろうし」

「あはは……そうですね。詳しい話は人間界の統一議会からうかがいましたが、かなり執拗しつように問い詰められましたよ。事件が起きたのが魔界だったら、さらに険悪になっていたでしょうね」

統一議会というのは、魔界との外交のために設立された機関で、各国の重鎮じゅうちんが構成メンバーとして名をつらねている。

表向きは、人間と魔族の交流を円滑えんかつに進めるために存在している事になっているが、それは耳触みみざわりの良い建前たてまえだな。

本音としては、他国のみが魔界と癒着ゆちゃくするのを恐れているのだ。

だから、魔界とのり取りは全て統一議会を通す決まりとなっており、互いが互いを監視している、という訳である。

とはいえ、抜け駆けを防ぐ以外にも責任の分散とか、魔界が侵略する可能性に備えて結束を強める、といった意味合いもあるんだろうけど。

そんな統一議会の相手は魔王が自ら務めている。

いくらルクスリアが有能とはいえ、人間界との遣り取りまで代理に任せていては印象が悪いからな。

恐らく、そのせいだろうが、この話を始めてからルクスリアの機嫌が悪い。

表向きは無表情で目をつむったままひかえているだけだが、明らかに魔力が荒ぶっている。

「……まったく、あのたぬきジジイ共ときたら……もう少し魔王様に対する礼儀というものを……(ブツブツ)」

よくよく観察したら、滅茶苦茶ブツブツ言ってんじゃねぇか。

声が小さすぎて、何を言ってるか聞き取れないけど。

まぁ、人間側がピリピリしていたのは想像にかたくないし、アイツには看過かんかできない暴言や嫌味が多分に含まれていたんだろう。

……ん?

でも、コイツが学園に到着したのは今朝けさだよな?

それから真っ先に女子寮の風呂場(実際には男子寮だったけど)に向かい、そこで俺とはち合わせたはずだ。

ルクスリアが汚れた身体で魔王と会うなんて考えにくいしな。

そして、その後は俺の魔法で眠っていたし、ルミナリエからの連絡で起きた後は事件の対処に追われていた筈なんだけど。

……コイツは、いったい何処どこで魔王の遣り取りを聞いていたんだ?

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く