全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

ルクスリアの後悔

「それそうと、思念魔法か……。ルミナリエの奴、そんな魔法まで使えるんだな」

ルクスリアは、ルミナリエから緊急通信で連絡を受けたと言っていた。

俺は、ルミナリエが思念魔法を使えるなんて知らなかったから、使い魔を介した伝言を頼んだんだけど、確かに、思念による通信の方が確実で速いよな。

ただ、100年前は無かった魔法だし、改めて覚える必要性も感じなかったから、俺は習得していない。

俺の場合、『急ぎで伝えたい事は転移して直接、伝えれば良いだろう』という考えだったからなぁ。

逆に、急ぎで無いなら手紙を出せば事足りる訳だし。

だけど、今回のように、その場から動けない状況で連絡が必要になる場面も、この先あるかも知れない。

適当に時間を見つけて練習した方が良いかもな。

「ふっふっふ。それくらいは、当然ですよ! なんと言っても、姫様は魔王様の実の娘ですからね! そして、いずれは【魔王】を継承けいしょうし、この魔界をべる偉大いだい御方おかたなのですから!」

まるで自分の事のように……いや、むしろ自分の事よりもはるかに誇らしそうに、ルミナリエを賛美して胸を張るルクスリア。

コイツ、本当にルミナリエの事が大好きなんだな。

だけど……。

「あー、盛り上がってるところ悪いんだけどさ、ルクスリア? その“魔王様の娘だから出来て当然”っていうの止めた方が良いと思うぞ。アイツ、かなり気にしてたし、プレッシャーも感じてたみたいだからさ」

教会で、ルミナリエから打ち明けられた悩み……いや、本人は悩みとも思って無かったみたいだけど。

とにかく、その心の奥に秘められていた蟠わだかまりを詳しく説明する。

すると、ルクスリアの顔から、どんどん血の気が失せていき、元から青白かった肌が更に青くなった。

「そんな……まさか……姫様に聞かれていたというのですか……?」

「……ん? もしかして、面と向かって言った訳じゃないのか?」 

ルクスリアの驚きは、ようやく自分の失言に気付いた、というよりも、むしろ隠していた秘密を暴かれた時のそれに近かった。

「当然です! 本人を目の前にして、そんな事を言うはずが無いでしょう! ……ただ、あの魔王様の血を受けぐ方ですから、どうしても期待してしまうのです。姫様の限界は、こんなものじゃない。こんなのは、まだまだじょくちだと……」

「……まぁ、その気持ちは分かる」

魔法の才能は、容姿や性格以上に、親の影響を受けやすいからな。

教会では、ルミナリエの選択を尊重そんちょうすると言った俺自身も、彼女の潜在能力には期待を抱かずに居られないし。

このまま順調に成長したら、どこまでの高みに上り詰めるのか、その到達点を見届けてみたい気持ちは確かにある。

ましてや、魔王と、その娘に対する過剰かじょうな敬愛をこじらせているルクスリアなら、その期待の大きさは計り知れない。

だから、きっと、あちこちで、その話題を口にしていて、うっかり本人に聞かれてしまったんだろうな。

ルクスリアの事だから、この話をする時は相当にエキサイトして、声もデカくなってるだろうし、周りも見えなくなってそうだ。

「……ああっ、私としたことが、姫様を傷付けている事に気付かなかったなんて!」

……まぁ、ぶっちゃけ、ルクスリア以外の口からしか聞いてないという可能性もあるけど、せっかく反省してるみたいだし、余計な事は言わないでおくか。

これからは無闇に興奮しないよう、自重じちょうしてもらうとしよう。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く