全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

三下のお約束

「……なぁ、何で俺を助けたんだ? あの男と、お前を散々バカにしてたのに。……それだけじゃない。俺は試験の対戦相手だぞ? 俺が死ねば、その時点で脱落させられるじゃないか」

あれから森の中を駆け回ったアイネは、毒を中和する薬草と傷を治す薬草、その二つを確保して、自分と魔族の少年の治療に当たっていた。

この第二演習場は、サバイバル訓練にも利用される予定なので、多種多様な植物が栽培さいばいされているのだ。

そして、この森で採取した素材については、好きなように活用して良いルールになっている。

恐らく、魔族の少女が使った毒も、この森で見つけた毒草を元にして作られた物だろう。

この試験では、戦闘力だけでなく、そういった知識も求められるという訳だ。

きっと、アイネは故郷の里で薬草の知識を身に着けたんだろうな。

「貴方は生き返ると分かってたら死んでも良いんですか? 少なくとも、私は、そうは思いません。……傷付いても良い命なんて、この世に無いと思うから」

「……ハッ。綺麗事きれいごとだな。所詮しょせん、この世は弱肉強食、力が全てだ。強いから奪い、弱いから失う。ただ、それだけの事でしかない。俺だって、あの女の事は別にうらんじゃいないしな。してやられたとは思ってるけど、結局のところあらがえなかった俺が悪い」

「……そうですか? 私は、むしろ弱いから奪うんだと思ってますけど」

「……ハァ?」

「だって、そうじゃないですか? それって要するに、奪う事でしか自分を満たせないって事ですから。そんなに不健全で不安定でもろい人は本当の意味で【強い】とは言えないと思います。本当に【強い】人なら、自分を満たすために、わざわざ人から奪う必要なんて無いですよね? お金持ちが泥棒どろぼうしないのと一緒いっしょです」

「いや……その例えは、どうなんだ?」

何か釈然しゃくぜんとしないものを感じながらも、具体的な反論が浮かばないのか、魔族の少年の歯切はぎれは悪い。

うん……まぁ、その気持ちは分かるし、アイネが言いたい事も何となくは分かる。

ただ世の中は、そこまで単純じゃ無いというだけで。

とはいえ、人から奪わずして自分を満たせるのが【本当に強い人】という意見には、大いに賛成だな。

「後は、この試験だって、そうです。貴方あなたは対戦相手だと言いましたけど、私達は【殺し合え】とも【戦って勝て】とも言われて無いんですから。試験終了まで生き残った上で【力を示せ】と言われただけです。だったら、他の参加者を脱落させる必要は無いし、貴方を助けるのも、力の示し方のひとつでしょう?」

魔族の少年を助けられたのは、アイネが少女を上回っていたから。

そして、知識という【力】を身に着けていたからだ。

アイネは確かに、それを実践じっせんで示して見せた。

「……お前、変わってるな。普通、力を示せって言われたら、真っ先に相手をぶちのめす事を考えるもんだろ」

「私、戦うのは苦手ですし、好きでも無いですから。……だから、いつか奪い合うための争いが無くなった世界を作りたいです。競い合い、高め合うための争いなら大歓迎ですけどね? 例えば花札とかっ」

……なるほど、だから、あの時も二人を倒した時点で勝利宣言をした訳か。

自分の強さをアピールして、残った奴らをを退かせるために。

きっと、その後は自分と互角以上に戦える相手を探して、自分の力を学園側に示すつもりだったんだろうな。

まぁ、結果的には魔族の神経プライド逆撫さかなでしてしまい、相手も退くに退けなくなったみたいだけど。

「……ハッ。あれだけ魔族を圧倒しておいて戦いが苦手、ね。甘ったるい思想といい、つくづくかんに触る女だ。……けどまぁ……今の俺じゃかないそうにねぇし……せいぜい……頑張れや……」

その言葉を最後にして、魔族の少年は意識を失った。

毒が抜け、出血も止まったとはいえ、失った体力や血液まで戻る訳じゃないからな。

とはいえ、無事にとうげは超えたようだし、このまま安静にしていれば大事には至らないだろう。

アイネは少年を木の影に寝かせて、ゆっくりと立ち上がった。

そして、調子を確かめるように、手を握ったり、開いたりを繰り返す。

「よしっ。私の毒も、すっかり抜けたみたい。かすり傷だったのが良かったのかな?」

「……へぇ〜。なら、今度は全身を切りきざんであげる♪」

「なっ、くっ!?」

突然、森の奥から届いたのは、神経を逆撫さかなでする例の声と、無数の風の刃。

しかも、今回は貫通力を重視した風属性の中級魔法だ。

中途半端な攻撃は無意味と判断したのか、使う魔法を1種類に限定し、その余力を威力と数に注ぎ込んでいる。

少年を巻き込むのは不味まずいと判断したのか、アイネは急いで木陰こかげから飛び出して、矢面やおもてに立った。

そして、殺到さっとうする魔法球をさばきながら、敵を囲うような軌道きどう疾走しっそうする。

持ち前の機動力を取り戻し、木の枝を跳び回るアイネをとらえるのは困難な様で、魔族の少女は再び不機嫌になっていく。

「チッ、相変わらず、ちょこまかと。……で、も♪」

「しまっ――!?」

ここで、ようやく敵の狙いに気付いた様子のアイネだが、時すでに遅し。

魔族の少女は、未だ気を失ったままの少年を持ち上げ、そののどにナイフを突き付けた。

「さっきと立場が逆転しちゃったね? 私の狙いは最初からコイツ♪ ちょっと、ありきたりで芸が無いけど、まぁ、お約束ってやつ? ……コイツを助けたかったら、大人しく出て来なさい。でないと、容赦ようしゃなく刺し殺しちゃうよ?」

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く