全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

月の司祭

「……ん? この魔力は……」

学園のはしにある第2演習場に向かう道すがら、俺は馴染なじみのある魔力を感じて立ち止まった。

しかし、集中して感覚をませると、厳密には違う魔力だと分かる。

どうやら、その魔力の持ち主は、目の前の脇道を進んだ先にある、教会に居るようだ。

これは、もしや……。

「……お邪魔しま〜す」

極力きょくりょく、物音を立てないよう、慎重しんちょうとびらを開けて、中の様子をうかがう。

特にかしこまる必要もないんだけど、教会のおごそかな雰囲気に当てられて、自然とおよび腰になってしまった。

しかし、別に強面こわもての神父ににらまれるような事もなく、あっさりと目的の人物を発見する。

まぁ、そもそも教会の中には、一人分の魔力しか感じないのだが。

「へぇ……」

その少女は、祭壇さいだんの上に鎮座ちんざする女神像に向かってひざを折り、真摯しんしいのりをささげていた。

色とりどりのステンドグラスを透過した光に照らされ、彼女の銀髪も鮮やかにいろどられている。

個人的に、神頼みは好まないけど、こうして人が無心に祈る姿は、素直に美しいと思った。

とりわけ、己の力に執着しゅうちゃくしがちな魔族だからこそ余計に、そう感じるのかもしれない。

「……時間」

ポツリとこぼれた言葉はひどく小さく、静寂せいじゃくに包まれた教会の中ですら、ほとんど聞き取れない。

しかし、声量の割には、りんと響いていて、まるですずのようだ。

そして、ゆっくりと立ち上がり、スカートのすそを払って、こちらに振り返った彼女は、特に驚いた様子もなく、あお双眸そうぼうで俺を見つめる。

あれだけ熱心に祈っていたくせに、俺の存在には気付いてたのか。

「悪いな、めずしかったものだから、ついジッと眺めちまって」

「……気にしてない。貴方あなたも……お祈り?」

どうやら、ひとり言だから声が小さかった訳ではなく、この声量が彼女のデフォルトらしいな。

とはいえ、やはり耳に心地よく響く声質せいしつなので、この距離なら聞き取りに支障はない。

「いいや? 見覚えのある魔力を感じたからな。それで気になっただけだ」

「……そう。……貴方が、シルク?」

「あぁ、そうだけど……。今のり取りだけで良く分かったな? ヴェノから聞いてたのか?」

そう、この子の魔力は、ヴェノのそれに瓜二うりふたつだったのだ。

ただし、母親の血が混じっているためか、少しだけ変質している。

と言っても、魔王の血が強過ぎて、一見しただけでは見分けが付かないけどな。

「……強い人が帰ってきたって聞いた。……私でも勝てないって言われた」

「だ、大丈夫だって! ほら、お前は魔王より更に幼く見えるし、まだまだ成長期って事だろ? その歳で、それだけの魔力を持ってるなら、そのうち俺なんて追い抜けるって!」

少し落ち込んだように肩を落とす少女に、慌ててフォローを入れる俺。

なんだか、か弱い小動物をいじめたような、いたたまれなさを感じたのだ。

「……ホント? ……私、成長期?」

「あぁ、ホントだ! まだまだ強くなるさ!」

「……まだ背も伸びる?」

「おうとも! 将来はモデル体型の美人さんだ!」

「……おっぱいも大きくなる?」

「もちろん! 将来はバインバインだ!」

……あれ?

「……おぉ。……バインバイン」

今まで眠たげに細められていたひとみわずかに見開かれ、少女は心なしか嬉しそうに胸を触る。

つい反射的に、バッ! と後ろを振り返る俺。

……よし、誰も居ないな。

危ない、危ない、この子に乗せられて、相当ヤバイことを口走ってたな。

こんな場面を警備員にでも見られてたら大変な事になってたぞ。

まったく……俺に幼女趣味は無いというのに。

「そ、それにしても。強い人って情報だけで、よく俺に気付いたな?」

未だに胸をふにふにと触っている少女を止めるため、さっさと次の話題を提供する。

すると、彼女は狙い通り手を止めて、コクリとうなずいた。

「……見覚えのある魔力を感じたって言った。……でも、私は魔力をおさえてたし、貴方が立ち止まった場所は、ここから少し離れてた」

……俺が何処どこで魔力を感知したかも気付いてたのか。

そして、その距離から自分の微弱びじゃくな魔力を感じ取れるなら、父の言ってた強い人だと結論付けた訳だ。

それにしても、お祈りに意識を集中しながら、そこまで周囲の状況を把握はあくできるって末恐ろしいな。

こりゃあ、追い抜かれるってのも、お世辞じゃ済まないかもな。

「俺なんて、一つの事に集中すると、すぐ周りが見えなくなるのに。お前はすごいな」

俺としては、心からの称賛だったけど、少女は何故か複雑そうにうつむいた。

「……私は魔王の娘。……だから出来て当然」

まるで、自分自身に言い聞かせ、いましめるような口調だった。

誰かに、そう教えられたのか、はたまた過去にトラウマでもあるのか。

どちらにしろ、その言葉を肯定する気には、なれなかった。

「う〜ん、そんな事ないんじゃないか? 魔王の娘だからって、最初から何でも完璧にこなせる訳じゃないだろ? こうして出来るようになったのは、お前が努力したからじゃないか?」

俺が疑問の形を取って、やんわりと否定すると、少女はうつむいた顔を上げて、ポカンとしていた。

「……そんなこと、初めて言われた。……他の皆は、魔王の娘なら出来て当たり前だって言う。……だから、そうでなくちゃいけないと……強くならなきゃいけないと、そう思っていた」

確かに、魔法の才能は遺伝による所が大きい。

たまに突然変異したような天賦てんぷの才を授かる者も居るけど、そんなのは基本的に例外だ。

だけど、どちらの場合でも、魔法の才は大きければ大きいほどれやすいという性質がある。

魔法の名門一家に生まれ、幼い頃から英才教育を受けながらも、慢心から鍛錬たんれんおこたり、衰退すいたいしていった元神童しんどうなどくさるほど見てきた。

人は1日休むと取り戻すのに3日は掛かるというが、魔法という分野は、それが更に顕著けんちょなのだ。

才能に胡座あぐらをかいたまま、強くなれるほど、魔法の世界は甘くない。

かくいう俺も、おとろえるのが怖くて、毎朝の自主トレが欠かせないしな。

「“強くならなきゃいけない”なんて、そんな責任は背負わなくて良い。お前は、お前の願いを叶えるために、前に進めば良いんだ」

その結果、この子が歌姫になりたいと願ったなら、その夢を目指せばいい。

革命派と争う事を考えたら、明らかに戦力の損失だけど、強いからという理由で戦いを望まない者に剣を握らせるあやまちは、もうウンザリだ。

こればかりは、たとえ魔王と対立しても譲れない。

守りたいものがあるなら、自分の命をけて、自分の手で守るべきなんだから。

まぁ、あの魔王ヴェノなら笑って許してくれそうだけどな。

「……ん」

俺の言葉を、どう受け止めたのか分からないけど、少女はコクリとうなずいた。

そして、トコトコと寄ってきて、俺の鳩尾みぞおちに頭突きしてくる。

「おふっ。……急にどうした?」

「……」

無言のまま、グリグリと頭を押し付けてくる少女。

それに合わせて、魔王ゆずりのアホ毛が目の前でピョコピョコと跳ねて自己主張する。

とはいえ、俺にアホ毛と話す技能などなく、どうしたら良いのか分からないので、取り敢えず頭を撫でてみる。

すると、『……おぉ〜』という、くぐもった声が聞こえてきて、グリグリが止まった。

常に眠たそうに細められた蒼い瞳と、ピクリとも動かない表情から、冷たい印象を抱いてたけど、意外と人懐ひとなつっこい……のか?

「……ありがと」

「お、おう。どういたしまして?」

何を思って頭突きして、何を思って止めたのか全く分からなかったけど、とにかく満足したらしい。

「……行かなきゃ」

そして、その小さな身体が魔法陣の光に包まれる。

これは……転移の魔法か。

「あっ、ちょっと、その前に。名前を教えてくれないか?」

今の今まで聞きそびれていた少女の名前。

なんだかんだで、ヴェノからも、ルクスリアからも聞いて無いんだよな。

「……ルミナリエ。……あと【月の司祭】とも呼ばれたりする。……待ってるから」

そう言って、ルミナリエは光に飲まれて消えていった。

月の司祭、か……。

確かに、さっきの祈りは、いかにも敬虔けいけんな信徒って雰囲気だったもんな。

でも、月って事は、夜も教会に来て祈ってるのか?

そこまで熱心に祈る理由って……。

『待ってるから』

……ん?

ルミナリエの言葉を思い出し、何かを忘れているような感覚にとらわれる。

そして、何気なく懐中かいちゅう時計を取り出して、時間を確認した瞬間、顔から血の気が引いた。

「って、入学試験の5分前じゃねぇかぁぁぁ!?」

元勇者、初出勤にして初遅刻の危機到来!

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く