話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気長に考える 空論の手帳一説

気長にまつ帽子

強くも 弱くも


「おはよう」

私は
一人でいれるほど
強くもなく

「・・・」

私は
一人で生きていけないほど
弱くもなかった


        

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く