話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

不幸でも異世界チーレム!

千歳

■第7話 初戦闘



2人して遅くまで寝ていて、キャムレットさんに微笑まれた後。
俺たち2人は近くの森に来ていた。


「エリー。今日からよろしくね。」


「ええ。私が防御に徹すればいいんでしょ?」


「そうそう。声かけたタイミングで防御を解除して、
魔物をこっちに誘導してくれればいいから」


「了解した。」


宿屋を出てから森に到着するまでの歩く時間。
俺は作戦を話した。
【スキル吸収】や【ステータス吸収】がある事も、
エリーは把握済みなので、
それらを応用して戦闘の協力を要請した。


エリーは少し迷っていたが、了承してくれたのだ。
そうこう言っている間にゴブリンのお出ましだ。
ここの森はゴブリンしか出ないのかという疑問があるのだが、
森の奥深くにゴブリンの巣があるのだとか。


他の魔物も存在はするらしいが、
巣にいるS級の魔物が存在を許さないらしい。
なので他の魔物はこの森には近づかないのだそうだ。


ゴブリンとか言って、ドラゴンが出てこれらたら
それはそれで困るけどね。


ギャアアアアアアアアアアアアアア


耳にしたことがない怒号が聞こえた。
一瞬固まるが、これが戦闘の合図なのだとばかりに


「マサキ!敵だ!」


「エリー!!頼んだよ!」


「了解だ!!!」


「"...なんかすごい声だったけど......さてさて今回の魔物はな~にかな~"」




----------------------------------------------------------------------


名前:ドラゴン レベル:40
種族:竜種
地位:下位竜種
HP :4000
MP :3000
STR:2500
VIT:2500
DEX:1000
AGI:500
SPD:500
INT:500
MIN:250
LUK:500
CHR:250


Skill:固有スキル【ブレス】 咆哮 威圧


----------------------------------------------------------------------




「"あっれ~!?!?!?...どこでフラグ立てたんだろう!!??...
これエリーじゃ防御できなくね!?!?!?
それはヤバイ!!エリーがしんじゃう!!!"」


「エリー!!そこから逃げて!!!早く!!!」


「どうしたのマサキ!!あんまり聞こえn...ッ!!!なんでここにドラゴンが!!!」


「"ヤバイヤバイヤバイ!!!......慌ててる場合じゃない!まずはステータスだ!!"」


「"ステータス吸収"」


《ステータスの更新を致しました。》


「"あれ!?この声前には聞こえてなかったのに!!...ってことは...??"」


「"鑑定"」




----------------------------------------------------------------------


名前:ドラゴン レベル:1
種族:竜種
地位:下位竜種
HP :1
MP :1
STR:1
VIT:1
DEX:1
AGI:1
SPD:1
INT:1
MIN:1
LUK:1
CHR:1


Skill:固有スキル【ブレス】 咆哮 威圧


----------------------------------------------------------------------




「あれ!?!?レベル1になってるぞ!?!?」


マサキはこのスキル【ステータス吸収】の本来の使い方を知ってしまったのだ。
そしてそれがもっとも危険だということを認識するのだった。


「"そんな!!嘘だろ!?!?
いやまずはこいつを倒してから考えよう...次だ!"」


「"スキル吸収"」




----------------------------------------------------------------------


名前:ドラゴン レベル:1
種族:竜種
地位:下位竜種
HP :1
MP :1
STR:1
VIT:1
DEX:1
AGI:1
SPD:1
INT:1
MIN:1
LUK:1
CHR:1


Skill:


----------------------------------------------------------------------




「"よしこれでエリーに危害が加わることはなくなった!!"」


「エリー!!解除してくれ!!」


この掛け声までにかかった時間。ざっと5秒。


「はやっ!え!?わ、わかった!!!」


「どりゃあああああああああ!!!!!!」


手に触れずにドラゴンは倒された。
否。
触れられなかったのだ。
マサキが放った風圧によって倒してしまったのである。


「あっれぇー...俺触ってないよね...殴ってないよね???...」


数分の間。


「..."鑑定"...」




----------------------------------------------------------------------


名前:神埼正樹 レベル:55(ERORR(隠蔽))
種族:人
地位:神の使い(隠蔽)
HP :12050 (ERORR(隠蔽))
MP :6850 (ERORR(隠蔽))
STR:5450 (ERORR(隠蔽))
VIT:5450 (ERORR(隠蔽))
DEX:5450 (ERORR(隠蔽))
AGI:5450 (ERORR(隠蔽))
SPD:5450 (ERORR(隠蔽))
INT:5450 (ERORR(隠蔽))
MIN:5450 (ERORR(隠蔽))
LUK:5450 (ERORR(隠蔽))
CHR:5450 (ERORR(隠蔽))


Skill:鑑定(隠蔽) 隠蔽(隠蔽) スキル吸収(隠蔽)
       ステータス吸収(隠蔽) 無詠唱(隠蔽) 全世界言語把握
       咆哮 威圧


固有スキル:【ブレス】       
       

状態:ステータス全てを隠蔽(隠蔽)


----------------------------------------------------------------------




「............」


「うそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおんん」






エリーはなにが起こったのか理解が出来ないでいた。
ただそこには、
マサキが倒したドラゴンと、
マサキの叫びだけが残されていた。

「不幸でも異世界チーレム!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く