祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。

千歳

19話



おいおい、本当にどうなってやがる。
ここは所謂、地下施設って事になるじゃねーか!!!
なんであの豆腐建築がこんな馬鹿でかい施設になってるんだよ!
笑うしかねーじゃねーか!!


「健君! ここ凄いよ!! どうなっているんだろう!! 凄く大っきいよ! 」


「香里奈さん香里奈さん、まずは落ち着いて」


「落ち着いてなんて居られないよ! ショッピングモールみたい! 興奮しちゃう! 」


「ちょっ! 女の子がそんな言葉使っちゃいけません! ってもう! 走らないで! 」


「わーい! 」


「新しい玩具を見つけた子供みたいだな、ハハッ・・・本当にどうなってやがる・・・」


感情がごちゃ混ぜになりながら天井に顔を向けると、
LEDライトが何個もあり、周りを灯している中で
一際大きな宝石のような紫色の物体を見つけた。
よく見て見ると鑑定が反応したのか半透明な画面が現れた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・空間拡張の魔道具


レア度 8


・説明
空間の拡張のみを施す魔道具


既存の建物の広さの50倍まで拡張可能
ただし、その分術者の
魔力消費量は格段に上がる


※魔力消費は空気中の魔力で代用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ハハッ・・・なんでもありかよダンジョンってやつは・・・」


そりゃこんなデカさにもなりますわな。

「祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く