祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。

千歳

16話



そして道を辿り、行く宛は「冒険者ギルド」
隣におわすお方は、「橘 香里奈」
さぁてはたまた主人公和嶋健は無事に冒険者ギルドにて
登録が出来るのかどうか!乞うご期待!!


っていう馬鹿騒ぎを脳内再生しながら道を歩いて行く。
また、今回も新たにスキルを獲得したっぽい。それもまた30分したら。




《スキル 索敵さくてき 初級を獲得しました》
《スキル 望遠ぼうえん 初級を獲得しました》
《スキル 聴覚倍加ちょうかくばいか 初級を獲得しました》
《スキル 五感操作ごかんそうさ 初級を獲得しました》
《スキル 望遠と聴覚倍加を五感操作へ統合します》
《統合によりスキル 五感操作 中級セカンド級上昇クラスアップします》
《これにより身体に影響が出ますのでご注意下さい》




何故か大漁なのだが・・・。
俺が何をしたと言うのだ。
そりゃあ、道を探すのに少し遠い所を目を細めて見たりもしたし、
街中での騒音が凄いから香里奈さんとの会話を注意して聞いてたり、
ガラケーの古いナビを使っていたから頭の中で地図の把握をしたりしたさ。
だが至って狙って獲得したわけでもないのに
五感操作の中級セカンドまで獲得してしまう始末。
人生始めての級上昇クラスアップがまさか五感操作だとは・・・。
なんか大事な貞操を取られた気分だ・・・いやまだ童貞だけど。


それに急なシステム音に驚いたせいで
香里奈さんに「どうしたの?!」って感じで
驚かせてしまったし。その後誤魔化すのが大変だった。
色んな所が色んな所に当たってるのだもの。


純粋無垢ピュアッピュア好青年にはキツイぜっ!






とか言っている場合ではないのではあるが。






何せ念願の「冒険者ギルド」に到着したのだから。

「祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く