話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!

木片トカゲ

1-19


「お前ら二人はウチのクラスのある2階の一番奥の
 空き教室や。そこなら都合もええわ。
 二人きりやからって変な気起こさんようにな一樹!」
紅がニヤリと笑う。
「いやいや、それかなりブラックジョークですよ!」
「それに僕なんかじゃ一樹君に悪いよ・・。」
一樹は思わず和馬に目をやる。
恥じらいながらもニコニコと笑うその姿は
どんな男でも守ってあげたくなるものであった。
小動物的存在それが沖野 和馬である!
「まぁ、詳しい事は明日の朝伝えるから
 今日はも帰りや。」
「失礼いたしました。」
「ほな、また明日なぁ〜!」
職員室を後にした二人は下駄箱へと向かった。

「学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く