話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!

木片トカゲ

#1-18


ホームルームが終わり、一樹と和馬は
職員室へと向かっていた。
「失礼します、1年2組の青鷺です。
 紅先生はおられますか?」
「おお!二人とも入っておいで。」
奥の応接間の方から紅が二人に手招きした。
「ホームルームではすまんかったねぇ。
 一樹に絡んできたあの生徒は、
 この学園創立の際出資してくださった丹下財閥の
 ご令嬢、丹下 琴葉たんげ ことはさん。」
「あの丹下財閥のですか!?」
和馬が目を丸くして驚く。
「ええ、かなり過保護に育てられたとかでね
 自分の思うようにならないと、何をしでかすか
 わからない困ったちゃんやね。」
「あの性格じゃなぁ先生も新学期から何かと
 大変ですね。」
一樹はやれやれと笑った。
「おまけに君までウチのクラスやからなぁ、
 まぁでも一樹が自ら別室での授業を言い出してくれたの
 不幸中の幸いやったけどな。」
「それで俺たちの部屋はどこになるんでしょうか?」
一樹は紅に自分たちの授業を受けるための部屋が
どこなのか尋ねた。

「学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く