話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!

木片トカゲ

#1-14


「ほな、先生から自己紹介するわ!」
教壇に立っている、茶髪のセミロングに各意を着た
関西なまりな教師は黒板に大きく名前を書く。
「ウチは紅 美鈴くれない みすず、気軽に美鈴ちゃんって
 呼んでなー!ほな出席番号順に自己紹介していこかー。」
紅の言葉により、端の席から順に一人ずつ自己紹介をする
流れとなる。
「ほな次、青鷺 一樹君!」
「あっはい!」
一樹は立ち上がり、恐るおそる口を開いた。
「坂の下中学から来ました、青鷺 一樹です。
 入学式ではお騒がせしました。」
「まぁ、無理もないわ!みんなも一樹には
 優しくしてあげるように!」
紅が場を和ますようにそう言うと、一人の生徒が
手を挙げた。

「学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く