話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!

木片トカゲ

#1-12


「あっ・・そうか、じゃあ俺のことは一樹で構わないよ。
 改めてよろしくな、和馬!」
一樹は紳士的笑顔でもって気さくに返答した。
だがこの時、彼のハートは完全にときめきトゥウィンクル
状態であり、今にも目の前の和馬を抱きしめかねなかった。
どうにか心を落ち着かせた一樹は、和馬と共に自分たちの
クラスへと向かった。
クラスに入ると室内にいた生徒達の視線が一斉に一樹へと
向けられる。
「どもっ・・よろしく・・。」
生徒の中にはこちらを睨むもの、
笑顔をで手を振るもの、
ニヤニヤとこちらを伺うものと
色々であった。

「学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く