話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!

木片トカゲ

#1-8


途中ハプニングはあれど式典は恙無く終了し、
それぞれのクラス割りが外へ貼り出された。
(嵌められ、親にも先生にも・・・チクショー!)
一樹は頭を抱えて体育館の隅の方で項垂れていた。
「おい!一樹、どうした気分でも悪いのか?」
「あぁ、早乙女先生・・ってあなたも男の娘なんですよね?」
「ああ、もちろんだ!」
「ではその緩やかな曲線を描く二つの膨らみは何ですか!」
「なっ!身体的な発育は人それぞれであり、
 私はたまたま胸の発育が良かっただけだ!
 まったく、先生に向かってなんと無礼な。」
「俺はなんと言われようとも信じない、
 この目で確かめるまでは!」
一樹はその場から走り去ってしまった。
早乙女は顔を赤くして足早に職員室へと戻った。

「学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く