話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!

木片トカゲ

#1-3


受付で座席番号の書かれた紙を受け取り、
体育館の中に入る。
「25番・・25番・・あった。」
一樹は席に着くとあたりを見渡した。
(俺以外全員女子生徒!?マジで男子は俺だけなのか?)
一樹は館内に漂う、女子の香水やシャンプーの香りに
胸を高鳴らせつつ、今の現状に改めて感動していた。
「ただいまより、本年度入学式を執り行います。
 一同起立、礼、着席。」
アナウンスに従い全生徒が礼をし席に着く。
「学園長挨拶。」
壇上に一人の女性が上がる。
「新入生の皆さん、おはようございます。
 学園長の神崎です。本年も多くの学生を迎えることができ
 私も嬉しく思います。」

「学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く