話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!

木片トカゲ

#1-1

この物語は平凡な男子学生 青鷺 一樹あおさぎ いつき
健全で男の娘満載な青春学園ドラマを描くものである!
ん?お前は誰かって?
読者諸君よ、それは言わないお約束♪
そうだなぁ、天の声とでも言っておこう!
フハハハハハハ♪
それでは物語を始めよう。
時は入学当初の春へとさかのぼる〜♪


春、それは学生にとって特別な季節。
春、それは新たなる出会いの季節。
春、それは・・・花粉症の季節である!
その日、青鷺 一樹は新たなる学園生活の1日目の朝を
窓から流れ込むスギ花粉によって叩き起こされた。
「朝からこの目のかゆみと鼻づまりに悩まされるとは、
 ついてない。」
一樹はベットから起き上がると1階のリビングに降りて行く。
「お兄ちゃん、おはよう!」
リビングの食卓では弟の悠人ゆうとが朝食を食べていた。
「悠人は早起きだなぁ、お母さんとお父さんは?」
「お仕事で早くに出かけちゃったみたい、
 朝ご飯は僕が作ったんだけど食べる?」
「料理上手な弟の手料理を朝からいただけるとは、
 やっぱり今日はついてるな。」
「じゃあ、お兄ちゃんは座ってて。」
悠人はそう言って一樹を椅子に座らせると、
テキパキと食事を要する。
さながらメイドさんのようである。
「はい、めしあがれ。」
「いただきまーす!」
一樹はバターの塗られたトーストと半熟の目玉焼きを
交互に口に運び牛乳で流し込む。
「ふぅ〜美味しかったぁ〜!」
「お兄ちゃん、早食いは体に良くないよ?
 それに口に牛乳ついてる。」
悠人は優しく微笑むと口下についた牛乳をハンカチで
拭いてくれる。
「おぉ、ありがとな悠人。お前は本当に気の利く
 いい子だなぁ〜♪」
一樹はデレデレな笑顔で悠人の頭を撫でる。
そう、青鷺 一樹は無類のブラコンなのである!
「お兄ちゃん、時間大丈夫なの?」
「あっやべ!」
一樹が時計を見ると登校時間ギリギリであった。
「じゃあ行ってきます!」
「いってらっしゃ〜い!お兄ちゃん気をつけてね。」
一樹は自転車にまたがると全速力で学校へと向かった。
「登校初日から遅刻はまずい、間に合ってくれよ。」
汗だくで疾走して行く一樹であったが、
街中は既に花粉飛び交う無法地帯と化していた。
視界はぼやけ、マスクで息は上がっている。
(まったくスギの野郎、地球上から抹殺してやろうか!)
一樹がスギ花粉への文句を脳内で炸裂させているうちに、
気づけば学園の門の前まで来ていた。
「時間はギリギリ10分前か、間に合った〜。」
急いで自転車を駐輪場に置き、校門をくぐる。
「ここは・・天国か?」
一樹は目の間に広がる光景に思わずそう呟いた。
「右も左も全包囲女の子ばっかじゃん!!
 しかも可愛い娘揃いとは、神さま俺頑張った
 甲斐がありました!」
(※この物語の登場人物は彼を除くすべてが男の娘である!
 彼はまだそれを知りません。)



「学園の男子が、俺以外全員男の娘だった件!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く