みんなの役に立ちたい気持ちは誰にも負けない!!!

桜桃

エレナともう1人

 〜1時間後〜

「やっと壁直った〜」

「お前が余計な事をするからだろ……」

「なに! お前も壁を壊していただろ!」

「お前がいきなり突っ込んできたからだろう」

「あんだとーー!」

 壁を直していた2人が地べたに座りながら言い争っている。
 2人は相当仲が悪いらしい。いつも会う度に喧嘩しているのだろうか。
 その光景をエレナと2人で中央の階段に座りながら見ていた。

「貴方達? 」

 ───────びくっ

 カルムさんがあの2人の事を呼んだだけで静かになった。
 今いる人達の中で1番最強なの?

「カルムさんってすごく優しそうだけど怒ると怖いんだね」

「そう……みたいね」

 ここの人達は普段何をやって、仲間はどれだけ居るのだろうか。

「ねぇエレナ?」

「どうしたの?」

「この屋敷、こんなに広いのにこの人達しかいないのかな? 」

 外から見た感じもそうだけど中に入ってみて思った。
 部屋は何十個……いや、それ以上ありそうで、中央には大きな階段。廊下は先が見えないほど長い。
 こんなに広いのに、この人達しかいないのはどうなんだろうか。

「ん〜どうなんだろう?」

 まぁそうだろう。
 自分と同じ立場のエレナに聞いたところで結果は同じだ。いきなりこんな所に連れて来られ(自分から言い出した事だが)あんな喧嘩見せられと、心がもはや折れそうだ。誘導されたとも言えるけど……。
 あと、この屋敷も疑問の一つだ。こんな広い建物、なぜ知らないのだろうか。
 ニュースやテレビ番組で特集されていてもおかしくないほど大きく立派な屋敷だと思う。
 古い感じがまた良い感じに味を出しているようにも見える。 こんなに広いのにこの人達しかいないのはどういうことなのか。まだ人が増えるのだろうか。

「……あの、カルムさんちょっといいですか?」

 私は、階段の横で二人を見ている(見張っている?)カルムさんに話しかけてみた。
 声に反応したカルムさんは横目でこっちを確認した後……。

「どうしたのかしら?」

 顔だけこちらに向けて優しい笑顔で聞いてくれた。……この人の事今度から女神様って呼ぼうかな。

「この屋敷にはこの人達以外人はいないんですか?」

「いえ、他にも沢山居ますよ。今は少し用事で出ているだけですわ」

 やはりそうだったのか。
 流石に、こんなに広いお屋敷に四人など勿体無い。

「あの……何人くら……」

 ──何人くらい居るんですか?

 と、聞こうとしたら奥の方からドアが開く音が聞こえた。さっき廊下の方へと行ったアルカが帰ってきたのだろうか。
 もしかしたら出入口以外にも外へ繋がる扉があるのかな?

「かるねぇー連れてきたよ!」

 かるねぇーって呼んでるんだ。
 本当にお姉さんみたいな人なんだなぁ。
 落ち着きもあるし優しいし(怒ると怖いけど)大人っぽい所がある。何でも出来る自慢の姉と言ったところだろうか。
 私からしたら女神様だけど!

「あら、ありがとう」

 カルムさんはアルカの方へと歩き出した。
 私達も立ち上がりあとを追うようにアルカの方へ歩く。
 一体、誰を連れてきたんだろうか。

「こっちよ、ガブ」

 私達の方へと促されている人はガブさんと言うらしい。
 紫色で胸ぐらいまである髪はくせっ毛なのかすごくふわふわしており、上は紫色のパーカー、下はダメージジーンズを履いている。
 片目が黒く少し怖い感じだが、身にまとっている雰囲気は柔らかく優しそうな男の子だ。この子は私達より年下に見える。

「は……はじめまして」

「はじめまして!」

 私とエレナは前に出て交互に挨拶した。
 身長はアルカより少し小さいが、私達よりは大きい。

「あっと……は……はじめまして……?」

 クエスチョンマークがついてるようにも聞こえたが、これも男性の人と比べると声は高く可愛らしい話し方をする。

「……」

 少し挨拶をした後何故か私の方をじ〜っと見ている。
 えっ、なんですか? 何か付いてます?

「……あの?」

「本当に.....この人? もしかして僕.....間違ってる?」

 ずっと見ておりいきなり話し出したかと思えばよく分からないことを口にした。
 初対面でなんやねん。おこやぞ。

「いや、こいつらで合ってるよ」

「アルカさん.....そうなんだ.......?」

 さん付けしてるってことはアルカは少なからずこの子よりは年上なんだ。

「こいつらであってる。俺が連れてきたのは」

「……本当に?」

「本当だ。それに、俺が期待してるのはこっちの女じゃない、その隣の奴だ」

「あぁ……あっちのツインテの子か」

 アルカの指さした方にはエレナが居る。すると、ガブはパーカーのポケットに手を入れながらゆっくりとエレナへと目線をずらした。

「ね……ねぇ〜どういうことなの?」

「あ?」

「何の話をしているの?」

「あぁ.....見てればわかる」

 アルカは少し口元に笑みを浮かべながらそう言った。
 さっきのガブと呼ばれていた人は、エレナの近くでさっきと同じようにじ〜と見ている。

「あ……あの?」

「……?!」

 ガブは目を見開いたあと飛び避けるように後ろへ移動した。

「は……なに? ……なんなの」

 ガブはエレナから一切目を離さず体を震わしている。その表情は目を見開き冷や汗を流していた。

「どうした?」

「何が見えたのですか?」

 二人がガブの行動に冷静に問いかける。だが、口調とは裏腹に表情は少し焦っているようにも見える。
 嫌な予感が私の中を渦巻いていた。

「あの……」

「近づくな!!」

「え……?!」

 アルカがいきなり私の腕を掴み後ろへと引っ張る。
 一体なんですか?!

「近づくなって……エレナは今まで私と一緒にいたのよ?! なんで、いきなり近づくなって」

 冷静そうに見えるがそれでもエレナからは目を離さないようにアルカは見据えていた。警戒しているようにも見えるが……。

 なんで……なんでなの……エレナ。

 不安になりながらエレナの方を見ると不思議そうな顔をしているが、動揺などはしていない。

 ……エレナ?

 いつもと様子の違うエレナ。
 私は心配になりアルカの腕を振りほどき近づこうと足を踏み出す。

「待て! 近づくなと言っただろう!」

 アルカの声が聞こえたけどそんなの気にしていられない。  
『変』
 いつものエレナじゃない。

「エレナ!!」

 エレナに触れようと手を伸ばしたがそれはある〈音〉によって遮られた。

 ―――――パンッ

 何かを発砲したような音に気づきそちらへと視線を向けた。  壁には穴が空いておりその反対側にはさっきの喧嘩していた1人、ソフィアさんが拳銃の銃口をこちらに向けていた。
 それに気づいた瞬間、体に冷たい空気が流れてくる感じに襲われ足がすくんでしまった。すると、隣から冷たい声が耳の中に流れてきた。

「リヒトさん、死にたくなければそこから動かない事ね」

 ゾクッ

 冷たい声が聞こえたと同時に視線を感じた。
 ソフィアさんが私を睨んでいる。
 拳銃はもう持っていない。どうやら懐にしまったらしいが、今はそれどころではない。

「し……死にたくなかったらって……」

「今、貴方がそこから動いたらあの人が黙ってないわ」

「そ……そんなわけ……だってそこから私まで……結構な距離が」

「安心しなさい。あの人はこの距離くらいなら一瞬よ」

 ーーー何を言っているの?

 頭が追いつかない。
 みんなは何をしたいのか、何をしているのかさえ分からなくなってきた。

「お願いだからそこから動かないで」

 ガブと呼ばれた人に体を抑えられた。と同時に、腕を後ろへ回され、ナイフを首の所へと突きつけられた。

「な……なんでなの」

「リヒト……」

 エレナに名前を呼ばれそちらを向くと私は少し驚いた。
 エレナはなんの感情もない無表情でこちらを見ていたからだ。

「どういうことか.....お願いだから私にも教えて!」

「お前に説明する時間はない」

「そうね……」

 アルカとカルムさんの冷静な声が私の耳に届く。

「今ここであいつを捕らえる!」

 ーーーー捕らえる?

 アルカの言葉に怒りが芽生えた。

「なんで! エレナが何をしたっていうのよ!」

「黙れ!」

 ーーーーーーびくっ

「いいから、黙っとけ……」

 射抜くような鋭い眼光でアルカに睨まれ、これ以上反論する事は出来なかった。

「では、お願いね。ソフィアさん、ヒュースさん」

「「了解」」

 名前を呼ばれた2人がエレナに近づいて行く。

「やめて!! 」

 どんなに呼びかけても2人は歩みを止めてはくれない。

「い……いや……やめて」

 何故かエレナは動こうとしない。

「一瞬で終わらせるぞ」

「当たり前だろ」

 二人が手を出しエレナを掴もうと飛び出した。

「やめてーー!!」

 私が叫んだ瞬間いきなり目の前が白い光で包まれたため咄嗟に目をつぶってしまった。

「なに?!」

「くそ!」

 周りからはすごく焦った声が聞こえる。
 光が落ち着いてきた所で目を開くとそこには知らない人が立っていた。
 さっきまでエレナが居た所には、黒いマントで身を包み、口元を包帯か何かで隠している小柄な青年が立っていた。
 フードから長い黒髪が見え、その隙間からは鋭く光る黒い瞳がこちらを見ていた。

「……え? 誰? エレナは?」

 と、疑問を持った瞬間.....

 黒いマントで身を包んでいる青年はいきなりソフィアさんへと突っ込んだ。
 間一髪、ソフィアさんが体を少し横へずらしたので切り傷程度で済んだみたいだった。
 だが、ソフィアさんは咄嗟の事で何が起きたかわからない表情をしている。

「……ちっ、めんどくさい」

「はっざまぁ〜だな!」

「……お前ほどめんどくさい奴はこの世のどこにもいなかったな。お前がいる時点で俺は最悪な気分だ」

「だと! ごらぁー!!」

 今にもヒュースさんがソフィアさんに飛びかかろうとしている。

「喧嘩をしている場合かよ!」

 アルカがナイフを構え二人に言い放った。この人達はこういう状況に慣れているようで、真っ先にナイフを出したり咄嗟に避けたりと.....私はもう何が何だかわからない状態だ。

「ガブ! そいつを安全な所に移動させろ!」

「わかった.....」

 混乱している私の手を掴みガブが.....

「走って……」

 と、手を引いて走り出した。
 何も考えられなくなった私はされるがままガブについていき屋敷の外へと逃げ出した。
 親友であるエレナを置いて.....。

「みんなの役に立ちたい気持ちは誰にも負けない!!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く