話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕の心臓が動いていることと、心があついこと

月影そら

蛾の怪物

家に着いたのは九時十五分前だった。僕は急いでミャアの世話をすると、動きやすい格好に着替えた。
 今日は結構疲れていた。白い奴が現れた日ほどではないが、いろいろ神経も遣った気がした。考えてみたら、朝から外を走って、筋トレもして、鍛錬して、柔道部にも参加したのだから当然と言えば当然だった。
 僕は自分の部屋に、靴を履けるスペースを、ビニールを敷いて作っておいた。そこで靴を履いてから、剣を握った。まだ数日なのに、随分手に馴染んできた気がしていた。
「来た」
 身体に変な感覚が僅かに走る。その次の瞬間に、僕はいつもの草原にいた。既に見慣れてきたこの光景。今は美しいけど、この草原は、すぐに気色悪い緑の色に染まる。その中に赤い色を少しも混ぜたくないと、僕は心底思っている。
「なんだこの気配は?」
 僕は、すっかり霊長類の化け物の気配を覚えていた。今回も数だけ増えて、それが僕を襲ってくると思い込んでいた。しかし、今回は違った。
 僕の目の前に現れたのは、巨大な蛾だった。幸い一匹だったが、茶色をベースにしたものに、カラフルな斑点が沢山ついていて気色悪かった。こげ茶色の触角と、口元から、蝶が蜜を吸う時に使う口吻のストローのようなものまでご丁寧についている。翅は分厚く、僕は気色悪さを覚えてしまった。
 そもそも、いつも自分よりずっと小さいはずのものが、いきなり巨大な形で出てくるだけでも気味悪いのに、視覚的にきつい。翅を合わせると二メートル以上もあるのだろうか?僕は逃げたい気持ちが芽生えそうだったが、そんなことが許されるはずないとよく分かっていた。
 蛾は丸まっていた口吻を、素早い動作で伸ばして、僕に叩きつけようとしてきた。僕は、横跳びに飛んで、それをかわす。叩きつけられた地面が、五センチくらい凹んでいた。これを食らったらヤバイ。
 明日から、こんなのが何匹も現れたらどうしようと不安になりながら、僕は蛾の連続攻撃をかわしていった。空を飛んでいるのに、どうやって攻撃をしかけたものか分からない。届くには届くが、大したダメージは与えられないだろう。
[助走を付けて飛べば少しは深く切れるか?]
 蛾の連続の猛攻撃は、僕にそんな余裕をくれるはずもない。
 僕はとにかく、蛾に切りかかっていった。僕は、分厚い羽根の下の方の一部分を切り落とした。霊長類の怪物と一緒で、緑の体液が流れた。蛾は少しバランスを崩したが、それでも攻撃を辞めない。
 しかし、蛾がバランスを崩したおかげで、少し攻撃の速度が遅くなった。僕はその攻撃を避けながら、ストローを半分以上切り落とした。蛾は身をくねらせて痛がった。
僕はその隙に少し助走を付けて、思いっきり踏み込み、飛び上がった。こんなに頑張ってジャンプをしたのは小学生以来か?僕の身体は、地面から二メートルくらいの高さまで飛び上がっていた。
僕は、そのジャンプの高さにかなり驚いたが、そのまま蛾を目掛けて剣を振り落とした。蛾は、その真っ二つに裂けた体から、大量の体液をあふれ出したと同時に消滅した。
僕はその場にしゃがみこんだ。蛾を倒したことよりも、自分のジャンプ力に度肝を抜かれてしまったのだ。
僕は立ち上がると、今度は助走を付けずに思いっきり飛び上がってみた。膝もたいして曲げなかった。それなのに、一メートル以上は明らかに飛んでいた。次は、さっきよりも思いっきり助走を付けて飛び上がってみた。楽に二メートルは越えているようだった。僕の背の高さよりも、随分上まで僕の身体は飛び上がっていた。
「ちょっと、これは異常なのでは?」
 自分が人間離れしたような気がして少し怖かった。でも、裏を返せば、これぐらいの身体能力がないと守れないってことなのかもしれない。
「くそ!今は余計なことを考えている時じゃないな」
 僕は大きく息を吐いた。
「一匹出てこい」
 僕は今の蛾を思い浮かべてそう叫んだ。すると、すぐに新たな一匹が現れた。またしても、ストローでの猛攻撃が始まった。僕は、それをかわし続ける。そして、蛾の攻撃を横跳びにかわした時に、着地の足を強く踏み込んで飛び上がった。さっきと同様に、蛾を上から真っ二つに切り裂いた。
「ふうー」 
 僕は汗を左手で拭う。
「今度、まとめて三匹出てこい」
 すぐに三匹の蛾が、その姿を上空から現した。気配を感じなくても、その羽ばたきの音で、すぐに何処から出現したかなんて分かる。
 今度は、三匹でストローを使って猛攻撃をしてくる。流石に避けるのもかなりきつい。少し手こずっていると、僕の真後ろにいた奴のストローが僕の右太ももに突き刺さった。
「うわあー」
僕は叫び声をあげた。噛まれるのよりもずっと痛かった。直径十センチ近くはあるだろうストローが、突き刺さったのだから。
蛾はストローを引き抜かない。何故か他の二匹の攻撃は止む。代わりに、蛾のストローの先が、うっすら赤い色に変色し、それは口元へと上がってくる。
[血を吸われる]
 僕は慌ててそのストローを切り落とした。切り落とした箇所から僕の血液と思われるものが流れ出てくる。剣にも赤い色がついてしまった。
僕は太ももに刺さっているストローの残りを急いで引き抜いた。ストローはザラついていて、掴むと棘のようなものが無数に刺さるような感触がした。ストローの切れ端を投げ捨てて、掌を見てみるが、棘のようなものがついている形跡はなかった。
 ストローを太ももから引き抜いた瞬間、傷口からドバっと血しぶきが上がった。傷が治るまで飛び上がることもできそうにない。辺りの草は赤い色に染まった。そして、まるで眩暈かのように、クラクラする。
 僕の血液が外に流れると、残りの二匹の蛾は一斉にそれに群がった。僕はそれを見てゾッとした。これならまだ霊長類の怪物の方が可愛げがあったと思った。
二匹の蛾は血液に群がったが、すぐに僕への攻撃を開始した。もっと沢山の血液を求めているのかもしれない。
 傷口はまだ治らない…目も霞む……。

「僕の心臓が動いていることと、心があついこと」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く