何で死ぬのに生きてるのですか〜ネズミに転生した最強闇魔法使い、銀髪の少女のペットになる〜

にくまも

8.学園の説明







 体を撫でられている感覚で目を覚ますと、早めに起きたようで結衣は立体画面に流れるアニメを見ながら私を膝の上に乗せ撫で。


 屋敷の中なら音を拡散型にしてアニメを見ていたが、秋山も寝ていたからかアニメの音声は許可型にされており今は結衣の耳元だけ聴こえるようになっているみたいだ。


 アニメの中では男女4人組は仲良く会話しながらどこかに歩いているようだった。個人的にこうゆう和やかな雰囲気の中で突然2人ぐらい腹を貫かれてほしいと思ってしまうんだ。もちろんBGMなどは穏やかなまま混乱させてね。


 『では全員ぜんいんきたようですので、説明せつめい開始かいししたいとおもいます』


 秋山も目をこすりながらも起きたようで、妖精AIが空中に浮かび上がり話し始めた。アニメの映像は切り替わり、ラリエル魔術学園のルールと書かれたページが表示された。


 『最初さいしょ一番重要いちばんじゅうようなことですが、ラリエル魔術学園まじゅつがくえん存在そんざい機密事項きみつじこうであり。存在そんざい世間せけんひろめるような行為こういみとめられた場合ばあい。および許可きょかなく魔術まじゅつ使用しようしてのひと殺害さつがいは、拷問ごうもんされてからなど非人道的ひじんどうてき死刑しけいになりますのでご注意ちゅういしてください』


 あー、だから屋敷でニュースなど見てた時に全然魔術の話がなかったのか。そっか……隠されてきたんだな。


 「許可されたら殺されても何の罪にもならないの?」


 と結衣がそこに疑問を持ったようで口を開いた。


 『はい、なかにはきる価値かちのない人間にんげんはいますから。ただ、どこでもいいというわけではなくコロシアムで1たい1でのころいになります』


 「……生きる価値のない人間って?」


 『そうですね。劣等感れっとうかんから自分じぶんみがげていこうとするのではなく、他人たにんきずりろすような行為こういしかまない非生産的ひせいさんてき人間にんげん場合ばあい許可きょかされます。ただ、滅多めった許可きょかされることはありませんし、結局けっきょくは1たい1でたたかうため。学園がくえんでの集団しゅうだんでのいじめ防止ぼうしおもってくれてかまいません。理解りかいしていただけたでしょうか?』


 「そう……わかった」


 『ではつぎ説明せつめいうつります。学園がくえんではりょうとなり、一人一人ひとりひとり個室こしつ生活せいかつしてもらいます。毎月まいつき20まん支給しきゅうされますのでそれで食費しょくひしいものなどがありましたらネットからきに購入こうにゅうしてください。 学園がくえんにいるあいだ学園専用がくえんせんようのサイトでしかったものはとどきませんので注意ちゅういしてください。中院なかのいん 結衣ゆいさま、こめかみにゆびててためしに画面がめん起動きどうしてチェックしてみてください。もうすでに学園通販がくえんつうはんサイトがホームのアプリに追加ついかされているとおもいます』


 結衣は言われた通りこめかみに指を当て、もう一つの画面を出し。様々なアプリが並ぶ中、ドローンが段ボールを運んでいるようなアイコンをタップする。


 サイトにはPCやゲーム、食品や楽器など様々なものが表示されていた。右上にすでに名前と20万と書かれた数字が入っているようで特に登録などをする必要もないようだ。結衣はこめかみを2回タップして画面を閉じる。


 『そして学園がくえんでは10年間ねんかん
  中学ちゅうがくねずみうしとら
   高校こうこううさぎりゅうへび
   大学だいがくうまひつじさるとり
 と生活せいかつしてくのですが、原則げんそくとして長期休暇ちょうききゅうか以外いがい学園がくえんがあるしまからはることがみとめられません。ただしまなか娯楽施設ごらくしせつがありますし、いま人気にんきの4感覚かんかくたのしめる機器ききいてある施設しせつ無料むりょう利用りようできますので退屈たいくつはしないでしょう。』


 その後もAIは学園での食事方法など様々なことを伝えた。




 『なに質問しつもんはありますか?』


 「大丈夫、もう特にない」


 『では、しばらく時間じかんがかかりますので。またドラマやアニメなどをごらんになって時間じかんまでおちください』


 とそこまで言うとAIが消え、先ほどまで見ていたアニメが続きから流れ始めた。しかし結衣は画面ではなく秋山の方向を見ていた


 「秋山さんが来る意味ってあった?」


 「……旦那様と明人様がお嬢様が一人だと不安になるだろうからって」


 「そう……ごめんね。また戻らなくちゃいけないんだし」


 「いえいえ、久しぶりにゆっくりテレビを見る時間が出来て私は嬉しいですよ」


 そう微笑みながら言うと秋山もまたこめかみに指を当て、画面を表示させドラマか何かを見始めた。


 「っふふ、そっか……」


 結衣もまたアニメを見始めた。


 ……さて、音も聴こえないアニメを見たところでどうしょうもないし。また寝るか……


 結衣の膝の上で撫でられながら私は再び眠りについた。

「何で死ぬのに生きてるのですか〜ネズミに転生した最強闇魔法使い、銀髪の少女のペットになる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く