何で死ぬのに生きてるのですか〜ネズミに転生した最強闇魔法使い、銀髪の少女のペットになる〜

にくまも

1.虚無





 それから私は長い間研究室にて様々な実験を行った。




 ……何回年が変わっただろうか




 実験で偶然発見した魔力は暗ければ暗いほど集まる性質があることが分かった。


 死体などを使って実験も数知れないほど行った。もちろん、時には生身の人間でも行った。老若男女問わず泣き叫ぶ奴らの手足をちぎったりなど実験をした。


 死ぬことさえなければと私は普通に暮らせる。そう思ってのことだ。


 だがそれでも、死から逃れることができていない。


 できていない。


 できていないのだ。




 もはや老いぼれの身になって死が近づいてもなお私は何一つわかっていない。魂を他の肉体に移したところで知性もない肉体。これでは地魔法のゴーレムの劣化版でしかない。


 このまま死ぬのだろうか? 


 死
 ……死
 …………死




死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死


 なんだよ、全てを捨てて実験してきたのに、結局能天気に一生を生きてきた馬鹿どもと同じように老いて死ぬのかよ。はっはは……笑えるな…………。


 拳に自然と力が入るのを感じる。このどこに逃せばいいのか分からない苛つき。


 取り敢えず目の前にある作業台の上に置いてある殺したばかりの青年の死体の中に手を入れ当たった臓器を次から次に力に任せて引きちぎって解消することにした。




 肝臓




 胃




 十二指腸




 辺り一面臓物が散らばっているがもはや私の鼻はとうの昔にこの悪臭に慣れ、何も感じない。


 しばらくそれで遊んでいたが、結局は何の解決にも至っていない。


 洞窟に自分の笑い声がこだまする


 もはや笑うしかない。


 数々の時間や人を使って何も分からないなんて、これじゃ何のために私は今まで生きてきたのか分からない。


 いずれ来る死から逃げようと思い、笑うことすらしなかった人生。


 失うものがないように切り捨ててきた私にはもはや生きるための理由もない。死から逃れるような手立ても時間もない。自分の体がそろそろ限界だってことも私には分かっている。
 もういい、死のう……


 たとえ死後の世界がなくても、無駄に考え、傷つくこともないその無が今の私には魅力にすら感じる。




 そんな時だった、帝国が他の国から攻められているという手紙が監視から知らせがきたのは。私は監視から渡された手紙を読んだが、どうやら各魔法系統最高責任者達が皆戦わせられるみたいだ。


 ……ん? 私はいつ最高責任者になったのだろうか


 そんな話を聞いたこともないが、おそらく闇系統魔術の使い手に私以外ロクなのがいなくなったのだろう。
昔見た闇系統魔術科の聖堂の中で死体に向かって腰を振り性を発散させていた人を思い出した。


「……攻めてきた原因は分かるかね」


「ばい、りんごくがぜっとうやらなんやらとなんぐぜをつけているだけみだいです」


 監視の兵士は鼻をつまみながら、苦しそうな表情をしていた。


 隣国が難癖か……


 まっ、理由なんてもう私にはどうでもいい。


 私にはもう生きる気力というものがない。ここで最後にしよう




 ---------------------------------




 木々一つない草原の上で私の眼球の左方に敵軍隊、右方には部下の魔法部隊が映り込み。それぞれの頭上に魔法陣が展開されていく中、私は傍観者のように間に立っている。


 敵の情報も味方の情報も死にゆく私の興味の対象にはなり得ない。


――生死も勝敗も関係ない、帝国に恩を返す為だけに私はここに生きて立っているだから。




 今すぐにでも雨が降りそうな曇り空。薄暗い中で光り輝く魔法陣は小さい頃に見た万華鏡の中にいるようですごく幻想的に見えた。


 その魔法陣の中に光の魔法陣がないことにも気がついた。だがしかし、私はそのことを考える余裕はない。なぜなら、今ここにある全ての魔法陣が私を狙っているからだ。そう、敵はおろか後ろの部下と聞かされた部隊すら私を狙っていたのだ。


「……裏切り?」


 そう呟いても誰も返事などしない。


 私の左目は死体から剥ぎ取った眼球を埋め込んでいる。
 これは普段は濁りで全く見えないのだが、それでも人の魂の濁りだけは見ることができる。試しに引きちぎり自分の中に埋め込んだ時に偶然発見したものだ。


 それを使い見てみたが、無数の魔法陣が浮かび上がる中で敵も部下の魂はあまりにも揺がなすぎている。


 裏切りではない。こいつらは全て知っている。




 こいつらからは動揺や恐怖などは一切感じていない。つまりこの場は私を処分するためにだけに整えられた場ということ、だがしかし例え部下が敵に回ろうとも私には関係がない。




 誰一人、私の心の傷にはなりはしないのだから。




 各系統の熟練者はそれに合わさった能力も使えることがある。水魔法の使い手なら水を操作でき、火なら火である。つまるところ私の場合は闇である。




 薄暗い天気も合わさって私の能力は最高のポテンシャルを発揮することができる。


 自分の影を強く踏む。それだけで私の影は波紋のように広がり一瞬にして草原全体に広がる。


 「っ?! 皆のものもはや魔法の威力など考えずにいいから発動しろ!」


 自分の足元にも広がる影に気がついた部隊長がいち早く声を出したが、もう遅い。




 私の影は黒いのだ………すごく。




 先程まで草原だった地面は今では草の形すら認識できないほど地面は凹凸のない黒に染まっている。
 魔力というのは暗ければ暗いほど引き寄せられるのは私の研究ですでに分かっている。そして魔法陣とは大気中の魔力まで取り込み使用する事で多大な威力を発するものである。つまるところ魔法陣の魔力までも取り込む影を作ることができれば問題ではない。


 先程まで空に浮かんでた無数の魔法陣が一つ、また一つと次々に消え、今では何も浮かんではいない。


 そして気が付いてなかったがどうやら地面の中や空気に同化していた奴らもいたらしい。


 同化にも魔力が必要だが、それを私の影が吸ってしまったのだろう。周囲の地面や空間からはトマトを握りつぶしたかのように臓物だったであろう液体が噴水のように噴き出す。


 先程まで動揺が見えなかった敵たちの魂にも揺らいでいることが左目で見える。




 「くそ! 魔法陣も消えるし、なぜ新しく魔法を発動しようにもできないんだ! あのくそジジィの出したこの黒い奴のせいか!」




 「ヤッベェよ…もう逃げるしかないぞ! こんなの見たことも聞いたこともない」




「おい……地面と空間から血が噴き出てるけど…………まさか伏兵の奴らもやられちまったってことか?」




 兵士たちの配列は乱れ、逃げ出すものまでいた。だが、ここでこいつらを見逃すほど私は甘くはない。


 いつか殺されると彼らも分かっていて覚悟は持っている。それが分からない頭でもあるまい。だが、例え持っていない甘い考えのものがいたとしてもそいつは尚更殺さなくてはならない。まともな思考が出来ない奴など生きている価値もないのだから。


 私はもう一度強く影を踏み込み、命令を出す。




 凹凸の無い黒い影。
 そこから出てくる無数の手。


 先程まで動揺を見せていた。敵たちはもうそこにはいない。そこにいるのはただヨダレや糞尿を垂らす無数の手に掴まれた死体だけである。


 魂のはかり


 私の影に入っている散々実験に使われた魂の手に触った者は同情、同調、共感。そういったものを彼らに感じれば激怒または懇願し、一緒に魂だけを影の中に連れて行かれる。


 生き残るのは何かを犠牲にしても何かを得ようとするものだけ。


 先程までの心地よい風が流れ色とりどりの魔法陣が浮かび上がる草原は今やない。


 薄暗い中、人だったものが転がり糞尿の匂いが爽やかに鼻を刺激する草原だけだ。



「何で死ぬのに生きてるのですか〜ネズミに転生した最強闇魔法使い、銀髪の少女のペットになる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く