話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

きみのとなり

佳川鈴奈

3.デートの途中に出逢った女 -嵩継-


「嵩兄ほらほらっ、もう映画始まっちゃう」


そう言いながら、オレの前をTシャツにミニスカートをはいて、
ハイヒールで走っていくのは氷夢華。

オレが生きていくうえで、一番長く関わってきた女だ。


「って、そんな慌てなくても映画館は逃げないだろう。
 氷夢華、前っ」

後ろを向いてオレに話しかけるあまり、人とぶつかりそうになったアイツをたしなめながら、
少し歩く速度をあげて、アイツを追いかける。


「兄貴、チケット買ってくるね」


そう言うと、アイツはチケット購入端末の前に立って画面操作していく。

すかさず財布からチケット代金をアイツに手渡すと、
氷夢華はそれを受け取って、チケットを購入した。



映画館って……一体最後に来たのは何時だったか。

記憶を辿ってみると、最初で最後に来たのは氷夢華と一緒だったか……っと
遠い記憶を懐かしむ。

その時も、ちっちぇえ氷夢華は映画館に向かって走ってたな。


なんだよ、今も昔もちっとも変ってねぇじゃねぇか。




「兄貴、チケット持ってて」


一人、想い出を懐かしんでたオレの腕を掴んで機械の前から移動すると、
チケットを手渡して、そのままアイツは食べ物の購入列へと並んだ。


すぐにポップコーンとドリンクを二つ手にして戻ってくると、
チケットをかざして場内へと入った。

すでにスクリーンには本編とは違った映像が流れていて、
オレたちは慌てて座席へと向かった。




「ほらっ、兄貴のせいで近くの人に迷惑かける羽目になったじゃない」

っと囁き声で氷夢華はオレに抗議する。


だけど手元は購入したポップコーンやドリンクを手際よくドリンクホルダーにいれたり、
膝の上に置いたりとセットしている。


「悪い。仕方ねぇだろっ。ほらっ、始まるぞ」


スクリーンの画面が変わって本編が始まりそうな気配を感じると氷夢華を促しながら、
座席の背もたれに体を預ける。


程よい暗さと、快適温度に設定された空間。
夜勤明けの身には、なかなか拷問に近いな。


睡魔と格闘しながら、始まった映画をボーっと見ながら
氷夢華へとの時折視線を移す。


せっかく買ったポップコーンにも手を伸ばさず、
冒頭から映画に夢中のようだった。






『嵩兄、今日こそは約束守ってくれるんでしょうね。
 映画付き合ってよ。もう今週最終日なんだから、今日がタイムリミットだよ。
 明日も明後日も、もう仕事で二人一緒に行けないんだから』


今朝は何度も何度も確認するように氷夢華はオレの前へと姿を見せては言い続けた。



4月の後半からアイツの両親に正式に挨拶をしてオレのマンションで同棲を始めたオレたち。

すでに一緒にいるのが当たり前というか自然になっちまって、
時折、アイツの女を強く意識してしまってモヤモヤするときもあるが、
今までとは違って、僅かでも時間を作っては自宅へ帰ることが多くなった。

アイツが居なかった頃は、マンションに帰るのが邪魔臭くて、
居候させてもらってた雄矢院長の自宅の一室へと寝に帰ってただけだった。

GWがはじまって直後、勇人が見つかってからは、
今日まで仕事とマンションと勇人の看病に追われ続けてた。


それでも3週間に一回くらいは、こうやって時間を作って氷夢華とテートらしき外出はしたものの、
1回目はディナーの途中に、患者急変で呼び出しが入ってデート終了。

その日からまた、2週間後くらいにオンコールで出掛けたデートも、
玉突き事故が起こったらしく、呼び出しで終了。



その後も約束が土壇場でキャンセルになること、しばしば。


謝り倒すオレに『仕方ないじゃん。兄貴も仕事なんだから。ほらっ、アタシもついてくよ』って
そういって、一緒にデートを中断してオレを病院へと送り届けると、状況を確認して手伝う時は手伝って帰る。


オレに振り回されてばかりのアイツ。

そんなアイツが、この映画だけはどうしても一緒に見たかったらしく
何度も何度も、当日になるまでオレのシフトを確認しては声をかけ続けて当日を迎えた。


朝一で顔を見て、おはようの挨拶と共に映画の話を切り出されなければ、
この用事を忘れて、うっかり孫が熱を出して様子を見に帰りたい成元御大の仕事を、
肩代わりしそうになってしまったのは内緒だ。


その状況に居合わせた早城に『嵩継さん、今日は約束あるだろ』っと釘をさされる始末。


そして御大のシフトは、オンコール予定だった聖也さんがそのまま入ることになり、
オレは医局公認で、今日は緊急時の呼び出しもなしと配慮されこの時を迎えた。







映画は佳境に近づいていくが、時折、睡魔に負けて意識が飛んでいるため
舟をこいでは、ドリンクに手を伸ばす。

中にはオレ好みに味を調節された、アイスコーヒーが入っていて、
喉を潤いしては、スクリーンを再び見つめる。


スクリーンには、主人公の二人がようやく再会して抱き着いている映像が流れていて、
あちらこちらから、泣いてそうな気配が感じられた。


そのまま何年後かの結婚式のシーンへとエンディングが続いて、
スクリーンにはエンドロールが流れた。


場内に灯りがついたところで、客たちは次々と立って後にしていく。



氷夢華も目元をハンカチで押さえていたのか、
鞄にハンカチを片づけると殆ど手を付けていないポップコーンと鞄を持って立ち上がった。

すかさずポップコーンの袋を奪い取ると、オレたちは映画館を後にした。



ギラギラと照りつける太陽が眩しすぎる。



思わず手で日差しを遮る仕草をしながら涼しい場所を求める様に急ぎ足で、
隣のショッピングモールへと駆け出した。


建物の中に入ると、速度を緩める。
アイツはオレの隣に、ピタっと寄り添うように歩く。


「兄貴、映画、寝てたでしょ。
 疲れてるんのに、付き合ってくれて有難う」


そうやって、さりげなくオレを気遣うアイツ。
そんな瞬間が、とてつもなく愛しく感じる。

思わず抱きしめたくなる衝動を、人前だからと理性で必死に抑える。


「ほらっ、買い物はいいのか?
 服、少しくらいなら買ってやるよ」

「えっ?いいの?
 んじゃ、探しちゃおう」


そう言うと、次から次へと入っていくのはメンズ服売り場。


アイツはメンズ売り場に片っ端から入っては、
服を手にしてはオレの体にあてていく。


アイツが見立てた服で、随分とクローゼットは豊かになり、
お役御免になった、よれよれの服もアイツは捨ててくれた。

服なんざ仕事に来ていく服さえ、ちゃんとあったら家では何着てようが構わないと思ってたんだが、
アイツは家に居る時も、「誰に貸しても恥ずかしくない服をちゃんと着ろ」っとオレに言い切った。



そして今日もアイツが見立てた服が新たに増えていく。


自分で購入しようとしたら氷夢華が先に支払ってしまって、
アイツに買わせてしまった紙袋を、アイツはオレに手渡した。



「はいっ。兄貴の服探し完了。
 クリアランスセールも始まってたからお買い得だったね。

 さて、んじゃ兄貴にもアタシの服買ってもらうんだから。
 うんと高いの探そー」


そんなことを言いながら、今度はレディース服コーナーを次から次へと行きながらも
良心的な価格の服を手にしては、着替えてファッションショー。

何着も試着してはオレにその姿を披露して、
オレにも感想を求めながら服を選んだ。


アイツが選んだ服とは別に一枚、気になった服を紛れ込ませてレジで会計を済ませる。


その後も、ウィンドウショッピングを続けながら時間を楽しんだ。




ふと雑貨屋の前で、「嵩継君」とオレの名を呼ぶ声が聞こえた。



突然呼ばれた名前に、オレは記憶を辿っていく。

そいつの名は、時任夏海【ときとう なつみ】。
医大時代の同期生の一人だった。

そして、オレが系列病院から締め出されたきっかけに関わる存在。



「おぉ、時任さん」

「良かったぁ。嵩継君、元気そうで」

「あぁ、ボチボチやってるよ」

「ずっと謝りたかったの。J医系列に居られなくなったの、私の責任でしょ。
 うちにも来てもらいたかったけど、うちもJ医で難しかったし……、
 それに……もう病院もなくなっちゃった……から」



そう言うと、時任は何かあったらしく首をもたげて黙ってしまう。


「教授のことは気に病むことはねぇって。
 オレも今はうまくやってる。
 鷹宮総合病院ってわかるか?」

「えぇ」

「そこの病院長に拾われて、世話になってるから気にすんなって」

そうやって声をかけると、時任は驚いたように顔を上げた。



「鷹宮?鷹宮総合病院?嵩継君、そこのドクターなの?」

「あぁ」

「私……来週、父の転院で尋ねることになってたの。
 すい臓がんの末期で手遅れ。

 父の病院は乗っ取られちゃって経営権が離れて、
 それでも頼み込んでおいてもらってたんだけど、
 治る見込みがなくなってもう終末期。

 そこの人が鷹宮のケアセンターだったかしら?紹介してくれて……」



時任と会話してる傍で、雑貨屋から戻ってきた氷夢華がご機嫌を損ねていくのが
感じられる。


「あぁ、わかったわかった。
 んじゃ、準備してってから。

 氷夢華、いいものあったか?」


わざと氷夢華の名を呼んで、アイツにも意識が向いていることをアピールする。
っと同時に、時任にも連れがいることを気付かせる。


時任は氷夢華の方をちらりと向いて、「じゃ、嵩継君。またね」っと意味深な言葉を残して立ち去って行った。


「ねぇ、兄貴。さっきの誰?
 感じ悪いし、嵩継君って、兄貴の名前、馴れ馴れしく呼んでくるし」


っとあからさまに、ご機嫌斜め。


晩御飯は、海斗がやってた店に顔を出す。

海斗が亡くなった後、一年間はおばさんだけが何とか切り盛りして続けていた店。
でも今は海斗を慕う後輩の料理人が、アイツの意志をついで住み込みで働いてくれている。

時折、店に顔を出しては、アイツの考案レシピの懐かしい味を楽しんだり、
小料理屋の仕事を手伝ったりしながら過ごし続けてたオレにとっては馴染みの店も、
氷夢華を連れて行くのは初めてだった。


だけど時任との一件から、拗ね拗ねモードに入ったアイツは、
あからさまに態度がおかしい。


海斗ん家のおばさんには、親しげに話すものの、オレが何を話しても
ただオレに視線を向けるだけで一言を話してくれず、重すぎる沈黙に逃げるように
途中から店を手伝った。




何やってだ……オレ。





『嵩継、氷夢華に何やってんだよ』








海斗の声が、聞こえた気がした。





そうだよな……せっかくの楽しいデートのはずだったのにな。
アイツ、怒らせて何やってんだろうな。




そのまま閉店近くまで店を手伝った後、
オレは氷夢華と共にマンションへと戻った。




「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く