話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

きみのとなり

佳川鈴奈

1.新生活 前編 -嵩継-


ジリジリと暑い太陽の強い日差しの中、
オレは鷹宮のスタッフ専用口から愛車へと歩いていく。


四月下旬。

行方不明だった勇人が発見されて、
裕先生と一緒に救急で担ぎ込まれてきた。


発見された勇人は長い階段を転げ落ちたのか、
脚は複雑骨折、薬物中毒、肝機能低下と言う芳しくない状態で発見された。


その日から勇人は鷹宮の特別室で眠り続け、
オレたちはシフトを分担しながら、勇人の部屋の付き添いを有志のみで続けていた。


その付き添いに、千尋の姿は入っていなかったものの、
今も神前と鷹宮を行ったり来たりしつつ、伊舎堂兄弟も手伝ってくれている。



氷夢華にも、ありのまま今の状況を最初から話しているからか、
アイツの今のところ大人しい。



アイツが退院して、もうすぐ四か月。

その間にオレが筋を通せたのはアイツの両親に挨拶に行っただけ。



アイツの親に突き付けられた『式』と言うものを意識せずにはいられない。

オレと氷夢華にも、そんな時がくるんだろうか?

氷夢華がオレの隣で、純白のウェディングドレスを着る日が……来るんだろうかぁ?



愛車の鍵をロックして、車内に入ると窓を開けて冷房を全開にする。

エンジンをかけてマンションへ向かって走らせながら、
オレの脳内は、ドレス姿の氷夢華でいっぱいだった。



チクショ、なんてもん想像してんだよ。
可愛いじゃねぇかよ。


けど海斗に何言われるかわかりゃしねぇな。



独り言ちながら、窓を自動ボタンを操作して閉める。

車内が冷えてきたところで、早々にマンションの地下駐車場へと愛車をとめる。
オレのクーペの隣には、アイツの真っ赤な愛車が停車している。




……珍しく、出掛けてねぇのか……。



そんなことを思いながら、オレはエレベーターに乗り込んで自室の前へと立った。



鍵を解除してドアを開けると掃除機の音が部屋中に響く。



「あっ、兄貴帰って来たんだ。
 お帰り。

 昼、冷蔵庫に素麺冷えてるよー。
 ちゃんと牛肉甘辛く焼いたやつもあるから、トッピングにして」



そう言いながら、氷夢華は部屋の隅々まで掃除機をかけ続けた。



ダイニングテーブルに氷夢華が用意した素麺を冷蔵庫から出して座ると、
箸を使ってすすっていく。


冷たい喉越しに気持ちよさを感じながら、
食べ終えた頃、コップ一杯の麦茶をオレの前にコトリと置いた。



「おっ、サンキュー。氷夢華」



差し出された大きなグラスに手を伸ばして、
一気に飲み干すと、食器を流しへと運んでゆっくりと伸びをした。




「兄貴、いいよ食器アタシが洗ってあげる。
 それより疲れてそうじゃん?」


そう言うと、氷夢華はオレの背中を押してソファに座らせると、
タオルを肩にあてて、ゆっくりと肩を揉み始める。



「どう?兄貴?
 氷夢華マッサージは?」

「んん?
 おっおお、気持ちいいぞー」


そんな会話を切り返しながら、氷夢華はオレの肩を揉んだり、叩いたりを緩急をつけて繰り返す。


とろーんと瞼が下がってきて寝落ちしそうになりながら、
オレは氷夢華のマッサージに体を預けていた。



ピトっと背後からオレにくっついた氷夢華が、次の瞬間『クサっ』っと絶叫を開ける。



その声に、眠りそうだったオレは一気に覚醒した。




「うわぁ、兄貴ないって。
 汗臭い」


そう言いながら、氷夢華はオレの部屋につかつかと入ると、
クローゼットからオレの着替えらしきものを手にして近づいてくる。


「もうっ、ソファーが汗臭くなるじゃん。
 せっかく掃除したのに」

「……すまん」

「もう、ほらっとっとと脱ぐ」



そう言うと、氷夢華はお構いなしに俺からTシャツを引っぺがしにかかる。

上半身裸にされちまったオレに氷夢華は近づいてきて、
そっとオレの首から下がる、海斗のエターナルペンダントを指先で辿った。


冷たいペンダントの感触と共に、
ペンダント越しのアイツの指先を意識せずにはいられない。


おいおいっ、元気になっちまうじゃねぇか。



オレは自分の息子に冷静になれと必死に言い聞かせながら、
逃げるように、氷夢華から離れる。



「もーう、せっかく海兄と話してたのに。
 あぁ、残念。

 ほらっ、お風呂の用意ちゃんとしてるから入ってきなよ。
 これ着替えねー」



そういって氷夢華は着替えセットを俺に手渡すと再び、
流しの方へと歩いて行った。

水道の蛇口をひねって、鼻歌が聞こえてきたのを確認して
オレは浴室へと逃げ込んだ。





おいおいっ。
やっぱ、アイツとの時間拷問だろ。




あの天然小悪魔め。



シャワーを浴びて汗を流した後、
ボディーソープをたっぷり掌に出して、
体の隅々まで丁寧に洗う。



そして浴槽へとザブンと座り込むと、
お湯が溢れ出した。



手足を伸ばしながら、顔を何度か浴槽のお湯で洗う。





なんだかんだ言っても……
一緒に住むようになってからのアイツは、
オレにいろいろと気を配ってくれてるのが伝わってくる。




再会したばかりの、必死すぎるアイツも、
多分、沢山のメッセージをオレに発信し続けていたんだろう。

だがそれを忙しさにかまけて、俺が気が付けなかった。




だけど、オレ自身に少し余裕が出てきたからか、
見えなかったものが見えるようになった。




アイツと過ごしている時間は、飽きることがねぇってこと。
二人で過ごす他愛無い時間に、癒されているオレが存在してる。




風呂から上がって、再びソファーへ戻ると氷夢華は消臭剤のスプレーを吹き付けてた。



「おいおいっ、お前。どんだけ、オレが臭いんだよ」


っと苦笑いしながら再びソファーへと座り込むと氷夢華は、
再びグラスに居れたお茶をソファー前のテーブルに置いて、
リビングの入り口に放置されたままになってた鞄をロックオン。



近づいて鞄を持ち上げると問答無用でファスナを開けて、
「クサっ」っとわざとだろっと思うくらいに大袈裟に声を出す。


そうやって言いながらも、当の氷夢華は嫌がってる様子もなく
クスクスと笑いながら洗面所へと向かって洗濯を始めてくれているようだった。



洗濯機のセットを終えたのか再びリビングに戻ってきた氷夢華は、
オレが座るソファーに頭を預ける様に床にぺたりと座り込んで、
上向きにオレを見る。


アイツのTシャツからは、ブラジャーのレースがチラチラとチラつきやがる。



「ねぇ、嵩兄。
 今日はずっと一緒に居られる?

 晩御飯、何がいい?」



ふと、呟くように問いかける。



「今日は入れるぞ。

 少し休憩したら、晩御飯でも買い出しに行くか。
  んで買い出しついでに、プリンでも買ってお前も勇人の所、顔出すか?

 あれにもきっちり、お前に詫び入れさせないとな」



そんなこともサラリと口にする。


「ったく、仕方ないなー。
 仕事の休みはあっても、お兄ちゃんの休みはないもんねー」



なんてアイツは切り返して、むくっと立ち上がるとオレに隣に座って抱き着いてきた。


オレの胸に埋めるアイツの表情は、
ちょっと寂しそうで、それでも今の時間を満喫している嬉しそうな表情も合わさって
一層、愛しさがこみあげてくる。





悪いな。


もう少し、待たせちまうな。
オレ自身が納得できる一人前になれるまで。



そっと、柔らかな氷夢華の髪を撫でた。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く