話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

きみのとなり

佳川鈴奈

13.きみのとなり -氷夢華-

運命の一週間後。


運命って言うか氷室先生から聞いたその時に、
確信出来た決行日。


その日を前に計画通りに動きはじめた。


倒れて二日間は動けなくて大人しく自宅に居た。
そして三日目、荷物を引き払う行動を起こす。



引き払うっていっても引っ越し先が決まってるわけでもなく、
すでに実家にもアタシの居場所なんてない。

少ない家具を売り払い本もCDもパソコンも手放して、
鞄の中に洋服だけ詰め込んで嵩兄のマンションをゆっくりと後にする。

玄関の扉を閉じた途端、全てが終わったような気がした。




ううん。

終わりようもないかも知れない。
何も始まってなかったんだから。



最後の鍵をかけて、約三ヶ月少しお世話になったマンションを離れる。


手荷物一つ。
洋服と化粧品が入った旅行鞄だけ。


後は通勤バッグの一式。



何処行こうかな。
とりあえずタクシーに乗って鷹宮の駐車場へと相棒を取りに向かう。



その後は行くところなんかなくてF峠に向かう。



体が回復してもそれは暇を持て余すだけで、
アタシにとっては望むことでも何でもない。


F峠で夜通し攻め倒して車の中で寝て一週間が終わるまで遊び倒してた。




嵩兄に受け入れて貰えないアタシなんて存在してても仕方ないんだから。




それくらいずっと思い続けてるのに、
兄貴、何で気がつかないんだよ。


相変わらず痛みは続いてるけど別に痛いからって焦るわけでもなく何を思うわけでもない。
感覚が麻痺してる心。


その日を翌日に控えた前夜、流石にそのまんまで退職願を出しに行くわけにも行かなくて、
ダチの家で一泊させて貰ってシャワーを借りた。


事情なんて知らないダチに勧められてアルコールに手を伸ばす。



何やってるんだろうアタシ。



もう自分でもわかんないよ、アタシ自身が。


思考能力もまともに働かない自分自身。

こんなの初めて。
ううん……前にもあった。


そう嵩兄が突然姿を消した時期に……、
あの頃のアタシと今のアタシどっちが希望あったのかな?




鷹宮総合病院、最後の日。



アタシはダチの家で身支度を整えて鞄の中に一通の退職願を携えて、
一週間ぶりの院内に足を踏み入れた。



院内に入ってすぐに広がるエントランス。
床に敷き詰められた真っ白い絨毯。


その向こう側にある病院内の小さな教会。


飴色の扉が開け放たれた奥から流れてくるのは、
パイプオルガンの音色と誰かの歌声。



今まで気をとめることもしなかったけど今日はその音色がやけに耳につく気がする。




何がってわけでもなくただ感覚的には何となくなんだけど、
暫く立ち尽くしてしまっていたアタシ。




「橘高さん」


突然、水谷さんがアタシを呼ぶ声が聞こえた。



「おっ、おはようございます。総師長」


緊張に声がひっくり返る。



「おはようございます。
 今日は良いお天気ね。

 貴方が来るような気がしていました。
 今も気持ちは変わらないの?」



総師長は教会の飴色の扉の向こうに広がる青空に視線を向けながら私は声をかける。



この人は何でもお見通しなんだ。
アタシは何も言わずただ黙って頷いた。



そう……もうあの日、とっくに覚悟を決めてた。




「もう何を言っても変わらないのね」


「はい。
 決めていた事ですから」

「院長先生には話しを通しています。
 一緒に参りましょう」


水谷さんに言われて院内のエスカレーターを上り最上階にある院長室まで歩いていく。



何かやっぱり、まだマズイかな。
体力低下してるっぽいなーアタシ。



エスカレーターを登り移動しながらも、
息が上がりかけてる自分を感じる。



相変わらずムカムカしてる気持ちの悪さに、
とりあえず、この儀式が早く終わればいいなーってこと思いつかない。



今は水谷さんについて歩くのも必死で、
初めて来たときにはそんなに遠く感じなかった院長室までの道程も今はとても長くて。


「院長先生、技師の橘高さんがお見えになりましたよ」



総師長が院長室の扉をノックする。
暫くして内側から開かれる扉。



ここに来て二度目の対面が最後の日なんて何か皮肉だね。



「私の息子たちが嵩継にも君にも迷惑をかけたようですまなかったね。
 橘高さんへの対応も遅れてしまって申し訳ないと思っている」



そう言ってアタシを部屋の中に招き入れてくれた存在。
部屋の中には何人かの若い白衣姿の男の人が存在する。



そして総師長はまっすぐに院長先生の傍へと近づいて隣に立った。



「さぁ、皆さん座りましょう。
 どうぞ橘高さんも座ってください」


総師長に促されて着席した来客用ソファー。


総師長の言葉に院長は椅子へと腰かけ、
若い先生一人を残して、白衣姿の人は院長室から退席する。


「アタシ……あっ私こそ、採用されて間がないのに、
 この病院を退職するなんてご迷惑おかけします。

 だけど……もう居場所なんてないから……」

「居場所がない?」


途端に溢れ出す涙。
絶対、泣かないって思ってたのに。



何も始まってもなかったんだって、
自分にここ数ヶ月ずっと言い聞かせて来たのに。


もう何も考えないって思ってたのに。

涙なんか、もう涸れ果てて出るはずなんかないって思ってたのに。

このまま、ここには居られない。
早く、この場所から立ち去らなきゃ。


ここも嵩兄の香りがする場所だから長くなんて居られない。



アタシは会話を遮るようにしてソファーから立ち上がると、
鞄のなかに片付けていた退職願を掴んで両手を添えてテーブルの上に置く。


そして一礼して部屋を飛び出した。


途中、何かをいってた誰かの声が聞こえた気がしたけど、
立ち止まることなんてしなかった。



少しでも早く、この場所を立ち去りたかったから。



嵩兄に今、呼び止められたらそれこそ、
何もかもが砕けてしまいそうで怖かった。


吐き気を堪えながら一気に院内を飛び出すと、
駐車場まで一気に走って滑り込むように相棒に乗り込む。


込上げる胃液の苦さに必死に耐えながら、
エンジンをかけると一気に病院の駐車場から離れる。


行き先なんて何処にもなくて途中、何度も相棒を停車させて嘔吐を繰り返しながら、
目的の場所まで向かう。


今のアタシが行ける場所なんて何処にもなくて今日もF峠に向かうしかみつからない。



どれだけ嵩兄から離れようとしても離れられなくて、
苦しくなり続ける。


どうにかこうにかF峠に辿り着いた時にはお日様は高くなってた。



どうしよう……これから、どうしたらいいんだよ。
相棒を降りた峠の展望スポット。


峠下の町並みを一望できるその場所で思い出すのは久々に再会した嵩兄との時間。


あれは神様の気まぐれ?
それとも悪戯?


今となっては何でもいいや。


展望スポットから町並みを一望しながら、
ここに来るまでに近くの自販機で購入した発泡酒の缶のプルタブをくいっと開ける。


対してキツクないけど独特の匂いが鼻につく。


その途端に、込上げるものを押さえ込むように、
一気に胃の中に流し込むが見事に受付拒否したそれは嘔吐するしかなくて。



それに追い討ちをかけるように激痛が走る。
刺し込むような感覚。




「何よっ。
 もうアンタですらアタシの話相手にはなってくれないの?」



声にならない声で微かに呟く。


最悪のコンディション。
体を引きずるように、やや前のめりの体制になりながら相棒の元へ辿り着く。

アタシの居場所は此処だけかよ、情けないなぁー。
暫く背もたれに体を預けるように目を閉じる。


どうなってもいいや。
嵩兄がアタシを見てくれない世界なんて。




そう……どうなってもいいや。




暫く閉じていた目を開くとアタシは車のエンジンをかける。
途端に伝わる振動を体全体で感じながらハンドルにゆっくりと手を伸ばす。


サイドブレーキを解除してアクセルをゆっくりと踏み込む。
走り慣れているこの場所を今は限界まで走りたかった。


それで、終わったとしても……それだけだったんだよ……アタシなんて。


F峠スタートライン。
その場所に差し掛かると同時にアクセルをベタ踏みに切り替える。


加速されていくスピードに助けられるように突っ込みながらカーブを次から次へとクリアしていく。


次の場所。

この峠で一番事故が多い場所。
この場所で事故って病院送りなる奴多いんだよね。


不吉なポイント。



死神の囁きが聞こえるとか何とか噂で聞いてたけど、
生憎アタシには今まで一度も聞こえたことない。



いつものようにカーブに突っ込んでドリフトを決めて立ち上がる間近、
対向車線から登り車両があがってくる。




ヤバイっ。




『・・・・・・・・・・』



ハンドルを切る直前にその声を聴いた。
今まで聴いたことなんてなかった死神の囁きを。


途端に衝撃がアタシに襲い掛かって鋭い痛みと共にアタシは生温かい何かが流れ出るのを感じながら、
ゆっくりと意識が遠ざかっていくのを感じた。





嵩兄……嵩兄責任取れよ。
助けろよっ!!






こんなになった今でもアタシには嵩兄しか居ないんだから……。




こんなにも嵩兄だけを想ってんだから。


ずっと好きなんだよ。
兄貴だけが。


過去も現在も未来だってずっと……。





嵩継……嵩兄……ちゃんと私を見て私を助けてよ。













気がついた時、アタシの目の前には真っ白な染み一つない天井が広がる。


此処何処?
視線をゆっくりと移動させる。


アタシの腕には点滴の針が突き刺さっていて、
針が繋がるチューブ上に視線を追いかけて行くと点滴パックがぶら下がってる。



そこから、またゆっくりと視線を室内に移していく。
レースのカーテンがゆらゆらと揺れて外から微風が流れ込んでくる。



ふと視線をまた移すとベッドサイドのソファーで持たれるように眠っている嵩兄の姿が視界に移る。



「嵩兄?」



どうして何でアンタが此処にいるの?
せっかく嵩兄から離れようって思ったのに。


私が呟いた言葉に反応して嵩兄の瞼がゆっくりと開かれる。


ソファーから体を起こしてアタシの方に近づいてくる嵩兄。


反射的に視線を合わせられなくて掛け布団を思わず引き上げる。
そんな抵抗もむなしく否応なしに布団は引き戻され、今度は目を閉じる。





……嵩兄……。




「氷夢華……」


ずっと聴きたかった兄貴の声がアタシの名前を呼ぶ。


求め続けた暖かい兄貴の声が、
アタシの中にゆっくりと浸透していく。


アタシはその声に惹かれるようにゆっくりと目を開ける。


その途端、アタシの頭上に降り注いでくる兄貴の手。


叩かれるっ!!


覚悟を決めて体を萎縮させた時、
兄貴の指先がアタシのオデコを軽く弾いた。

「このバカがっ。心配させやがって」


その言葉と共に兄貴の指先がアタシの髪に触れる。


そんな嵩兄のぬくもりをもっと感じたくて、
顔を見たくてゆっくりと目を開く。


そこには随分、心配をかけちゃったのか憔悴しきった嵩兄の姿があった。


ソファーで眠ってた嵩兄は今は白衣は身に着けてない。



……嵩兄……。



アタシの髪に触れるその腕にゆっくりとアタシの腕を絡ませて温もりを感じる。



「まだ痛むか?」


「ううん。今は平気」

「薬切れたら、また痛み出すぞ」


兄貴は、そう言いながらアタシの状態を確認していく。



「嵩兄……此処何処?
 何で嵩兄が此処にいるの?」



その質問に兄貴は答えてくれた。



この場所はあの日アタシがサヨナラしたはずの場所、鷹宮総合病院の特別室。


あの日、院長の息子にアタシの話をきいて、
仕事が終わって久々に帰宅した家を飛び出してアタシを探しに出てくれた。


兄貴もF峠に来てくれて、
そこで死神の囁きをきいちゃったアタシの車を見つけた。


対向車との接触事故を起こしたって思ってたのは
アタシの勘違いで、別に対向車なんてなかったみたい。


うまくハンドル切ったときに回避することが出来てたみたい。
だけどハンドルを切りすぎて自損事故。


まっ、ガードレール突き破って落ちるよりはマシだけど……何だかなー。


事故車両のアタシの車見つけたときは、びっくりしたって言ってた。


アタシ……吐血しちゃってて、
かなり血が流れ出ちゃってた後だったらしくて。


兄貴的には血の色が黒味がかってたから、
事故の時の衝撃で消化器官から出血してるのかってかなり焦ったみたい。


慌てて各務の看護師してるF市民に運んで軽く処置して、
手配されていたヘリで、その後こっちの鷹宮に移されたらしい。


何でも、こっちではこうなるのを考慮して、
先に受け入れ態勢整えられてたってんだから癪に障る。


何かアタシが倒れるの、これじゃ待ってたみたいじゃん。




「氷夢華。

 てめぇ……この一週間休んでるはずじゃなかったか?
 自宅療養だったよなー。

 検査室で倒れてから」



……マズイ……。



「今回の出血な原因は潰瘍な。
 事故じゃなくて。氷夢華の不摂生の代償な。

 暫く入院決定だからな。
 大人しくしてろよ」

「って、アルコールは?」

「却下」

「珈琲は?」

「それも却下」

「だったらアタシ何食べるんだよ」

「自業自得だ。
 まっ、とりあえず暫くは無理だな。

 回復してきたら、ゆっくりと食わせてやるよ。
 その時はオレがなんか作ってやっから今は我慢な。

 ちなみにお前、この部屋から外室禁止。

 何かあったらオレに言え。
 但し、オレが仕事で手が離せないときは水谷さんが代わりしてくれっから」


「ふぇーーーっ。
 それって嵩兄、拷問じゃん」


「とりあえず退院前にまだ検査残ってっからな。

 いっそのこと……徹底的にすっか。
 お前、無茶苦茶な生活してたっぽいからなー」



病室って言うのがシチュエーション的に微妙だけど、
久々に交わした懐かしい感覚。


そして暫く続いた沈黙の時間。




「悪かったな氷夢華、気づいてやれなくて」



兄貴が呟いた。
ウルっと毀れそうになった涙を見せまいと憎まれ口をたたく。



「そうだよっ!!
 全部、兄貴が悪いっ!!」


「はいはい。
 全部、オレが悪いんだよな」


「そうだよっ!!」

「氷夢華はオレの傍にいりゃいいだろう。

 お前だったら海斗も許してくれるだろうしな。

 帰って来いよ。マンションに。
 お前の部屋も準備しといてやっから。
 何もかもな」


「……嵩兄……」

「まっ、お前が動けるようになったら氷夢華んちの両親に会いに行くよ。
 だから今は寝てなっ」



……嵩兄……。
アタシ、あの場所に戻ってもいいの?


嵩兄の傍をアタシの居場所にしてもいいの?



ずっと無理だって思ってた三ヶ月、兄貴はアタシを一度も見てくれなかったから。



何でだろ視界が滲んでるよ。
生温かい雫が枕に流れ落ちる。


その雫を指先で兄貴がゆっくりと拭い去る。


「氷夢華、体調戻ったら此処に戻って来いよ」


兄貴が紡ぐ。


「アタシ辞めたんだ。
 この病院……だから」


「別におまえは退職なんかしてないぜ。

 院長からお前の退職願は受け取ってその場で破り捨てたしな。
 雄矢先生も水谷さんも、そんなもの受け取ってないってさ」




嘘っ……、
まだ兄貴の傍に居てもいいの?

職場でも自宅でも兄貴を感じてていいの?



一番近くで。



「氷夢華、とりあえずとっとと回復しろ。
 優秀な技師がいねえと出来る仕事もできねぇだろ」



……兄貴……。




とめどなく溢れ続ける雫は兄貴の暖かさに似て。




「兄貴……」

「仕方ねぇなっ。

 半ば強引にオフもぎとったから今日はずっと傍に居てやるよ。
 オレの我侭なお姫様のところにな」



兄貴は、そう言いながらベッドで横たわるアタシを抱きしめた。


それは恋人同士のそれと言うにはあまりにも違いすぎたものだったけど、
それでも今はいいんだ。


兄貴が……兄貴がアタシを認めてくれて、
兄貴がアタシに居場所をくれたから。



だから今はそれでいい。


アタシの中に芽生えた、
兄貴との新しい種を今は大切に育てて生きたい。



何時か……兄貴のことを名前で呼び合えるそんな関係に辿り着くまで。



だから……今はこの種を大切に育てよう。
未来へと繋がる……この、ほんの小さな種子を



……兄貴……やっぱり兄貴は最高だね。
アタシが欲しいものをくれる。





大好きだよ。
何時かまた声にするからさ。



その時は……名前で呼んでもいい?
……嵩継……ってさ。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く