話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

きみのとなり

佳川鈴奈

9.すれ違う時間Ⅲ -氷夢華-



嵩兄と擦れ違い生活開始から約二ヶ月。


三月も間近に迫った頃、流石に今では病院に行くことにすら嫌になって来たアタシ。


アタシがどんだけ技師としての仕事を身に付けて頑張っても、
評価して欲しい人が評価してくれなきゃ意味ないんだよ。



評価して欲しい人に見て貰えなければ何も進展してないんだよ。
今は手が届くところに嵩兄はいるはずなのに何で距離があるように感じるの?



こんなにも近くにいるのに……。



嵩兄と再会して強引な方法でも嵩兄のマンションに引っ越しして来て、
嵩兄と同じ病院に就職して、これでずっと嵩兄と一緒に居られる嵩兄を二度と失わなくて済むって思ってたのに、
今のままじゃ、あの頃と何も変わんない。



前の病院にいた時と同じ。



埋まらない心を埋める為に峠を無茶苦茶に走って、
時には死ぬことすら怖くなくなるほどに自分を追い込んで攻め抜いて。



それでも満たされなくて今度はカラオケ行って居酒屋の梯子。
何も考えることが出来ないくらいに自分を追い込んで自宅に戻る。



自宅に戻ると同時に布団に倒れこんで、数時間の睡眠の後、また仕事に向かう。



そんな毎日。



食とかへの関心なんて何時からか薄くなってた。
ただ満たされない何かを満たしたくて、それを求め続ける日々。



そんな自分を終わらせたかった。



だから……あの日、嵩兄と再会出来たときは嬉しくて、
こんな自分にピリオドが打てるって思ってた。


なのに嵩兄と再会しても何も変わらない。


ううん、実際には変わってる。


嵩兄を近くに感じながら満たされない想いに、
今まで以上に苦しく追い詰められている自分が居る。



受け入れて欲しい。
見て欲しい。


……なのに……嵩兄にアタシの心は届かない。
嵩兄の心もアタシには……届かない。




もう終わりなのかな。


嵩兄には、本当にアタシなんて必要ないのかな。




あの日から帰ってこない嵩兄。
帰ってこない理由も教えてくれない嵩兄。


ううん、終わりも何も最初から始まってなかったんだよ。




嵩兄への想いを消化しなきゃ、アタシの思いも満たされない。
なのに……嵩兄を諦めることも出来そうにないよ。




自宅マンションでアルコールを大量に煽りながら、
一人で思考を走らせる。





でも……嵩兄がアタシをいらないなら、
この家も出なきゃいけないかな……。



出なきゃいけない。


必要とされないのに、
この部屋に留まり続けるのは苦しすぎるから。


嵩兄も鷹宮も嫌い。



「あんな病院、辞めてやるっ!!」



大声で自分に言い聞かせるように部屋で怒鳴ると、
フラフラっと自分の部屋に戻り、
便箋と封筒を手にリビングへと戻る。





……兄貴、辞めちゃうぞ……。





早く帰ってこないと退職願書くんだから。
テーブルの上に便箋を数枚重ねて置いてペンを手にしてじっと見つめる。



心の中では嵩兄がアタシを止めてくれるのを念じた。



だけど、どれだけ時間が経過しても嵩兄は帰ってこない。
時計の秒針の音がやけに耳に付く。


冷蔵庫から次のビールを取り出して一気に飲み干す。
そして覚悟を決めて退職願を書き上げる。





嵩兄のバカっ!!
知らないんだから……アタシ消えちゃうぞ。



……消えちゃうんだから……。










何時の間にか眠っていたアタシは、
朝、目覚ましの音に目が覚める。



引きずるように体を起すと洗面所で顔を洗って、
お風呂でシャワーを浴びる。


メイクを早々に終わらせると髪をセットして駐車場へと向かう。


鞄には退職願を入れて……今日、退職願を出す。
今日から一ヶ月の我慢なんだから……。、


自分に言い聞かせて着替えを済ませると仕事につく。


とりあえずドクターたちのの医局に顔を出すのが
日課になっているアタシは何時ものように医局へと顔を出す。


今日の検査の予約の確認と打ち合わせの為の日課だけど、
心の中で祈るのは、嵩兄と組む仕事がないことありませんように。


医局に嵩兄がいませんように……。



ずっと逢いたいと焦がれ続けていた嵩兄に会うのが今は怖い。
複雑なアタシの心。




医局に向かう途中、会いたくない奴に遭遇する。


そいつの名前は神島遼真。
アタシの後二、鷹宮に入ってきた精神科医。

別に誰が誰が入ろうが辞めようが、
アタシには関係ないんだけど。


この神島は別の問題がある。



「橘高、此処に居たのか。

  仕事だ。
 今、ERに運ばれてきた患者のX-Pをとれ」



はぁ、まただよ……。
コイツ、アタシの顔を見たら何時も何か命令口調で指示してくるんだよ。




レントゲンくらい自分で普通とれるだろっ。


ここの病院のドクターたちでレントゲン如きで
アタシを呼び出して命令するヤツはいないって。



お前くらいだよっ、神島っ!!




「って言うかアンタ、それが人に物を頼む態度?
 アタシ、まだ勤務時間外。

 それにこの病院じゃ、日勤スタッフの勤務時間外に、
 レントゲンくらいでアタシら技師に仕事を押し付けるのはアンタくらいだよ。

 何処の病院から来たのかアタシにはわかんないけど、
 そんなんで良く医者やってられんねー。

 けど先生様なんて、この病院には要らないんだよ。
 患者にとっても迷惑だからさ。

 何も出来ないなら医者なんてやってんじゃないよ。
 コロナリとかだったらともかく足のレントゲンとかでアタシに命令なんかすんじゃないよ。


 アタシたちも忙しいんだっ!!」


こいつが鷹宮に来て一ヶ月近く。

いい加減に我慢するにも限界があったアタシは開業時間前の病院でバトル。



「何をしてる?
 氷夢華、神島医師」




その現場に嵩兄が乗り込んでくる。



クソっ兄貴。
何で……こんな時ばっか出てくんのよ。



「安田先生、何でもありませんよ。
  僕は技師の橘高にERに運び込まれている患者のX-Pを依頼しに来たところです。

  すると橘高さんに怒鳴られてしまって……ERに戻ります」


「神島先生レントゲン、オレ入りますよ。
  先に検査室患者連れて行ってください」



嵩兄は神島にそう声をかけるとアタシに向き直る。



「氷夢華っ、どうして頼まれた仕事をしない。
 お前は技師だろっ」


「五月蝿いよっ。
 勤務前なんだからどうだっていいでしょ?

 それに嵩兄にはアタシなんてどうでもいいんだろ。

 だったらアタシが何処で何しようが、
 病院で誰と問題起こそうが関係ないでしょっ」



そう言ったアタシの頬を嵩兄は思いっきり叩いた。
嵩兄が叩いた音が院内の廊下に響き渡る。



「何すんのよっ。
 嵩兄っ、アンタ……アタシを叩けば解決するとでも思ってるわけ?
 
 誰のせいでこうなってんのよ。
 全部、兄貴のせいだよ。
 嵩兄が悪いんだからね。

 それに何よ。
 兄貴が働いてた病院だから兄貴が選んだ病院だから、
 アタシも信用して就職希望したのに。

 嵩兄は仕事ばっかで帰ってこない。
 ブラックもブラックじゃない?

 それに……この病院なんでしょ。

 海兄が飛び降りたの。
 そんな病院になんで兄貴は今もいるのよっ」


私の視界に飛び込む再度振り上げる兄貴の手。
兄貴に叩かれるのを覚悟して目を閉じるアタシ。

だけど兄貴の手はアタシの頬をぶたなかった。
ゆっくりと恐々に目を開くと兄貴の振り上げた腕を握っている女の人が映る。


「安田先生、何してるんですかっ?

 神島先生と患者さんが検査室でお待ちですよ。
 はい、お仕事お仕事」



「すいません、総師長。すぐに行きます。

 氷夢華、また話す。
 お前も仕事に戻れよ」



兄貴はその人に一礼して早々に走っていく。


アタシも医局に向かおうと足を進めはじめると、
その人に呼び止められた。



「橘高さん、科の方には私が連絡しておきます。
  少し私の部屋でお茶でもどうかしら?」



その人の口調が断ることを許さないような強い力のある口調だったのでアタシは、
渋々同意して総師長室へと招かれる。


総師長はアタシをソファーに座らせると緑茶を湯飲みに入れてテーブルに二つ置く。


水谷総師長とは、この病院の面接の時にあってる。


その後も病院内で擦れ違って挨拶をすることはあったけど、
こうやって本格的に話すことは初めて。



「橘高さんには苦労ばかりかけてるわね。
 嵩継君も率先して仕事を手伝ってくれるから」

「……」



私は何も答えず、うつむいたまま唇を噛みしめる。



「少し私の話を聞いてくれるかしら?」


そう言ってアタシの向かい側に腰を下ろした総師長は、
ゆっくりと私にわかりやすいように話し始めた。



総師長の水谷さんは嵩兄が就職する前から、この鷹宮に勤めているということ。
 
私の面接の時に隣に居た、
ここの病院長である鷹宮雄矢って言う人に想いを寄せているということ。


子宮の病気を抱えて倒れて運ばれた時で助けてくれたのが鷹宮院長。


絶望を感じていた総師長の心を助けてくれたのが院長で、
院長の優しさに触れる度に、何時しか惹かれているのに気がついた。


だけど院長には奥さんも家族もいる。



だから水谷さんは医療の現場での奥さんとして、
本妻の奥さんに認られて傍で支えられるように、
この病院と院長の為に頑張ってきたらしい。


アタシなら……多分、何言われても強引に略奪決定だろうけどね。
この水谷さんはしなかった。


水谷さんの控えめな気遣いが院長夫人との関係も気付くことが出来て、
今では鷹宮の母と呼ばれるほどに病院のスタッフ皆が水谷さんの子供のようなモノなのだと嬉しそうに話してくれた。


その家族の中には入って二ヶ月の私も入っているらしい。

そう言われると嬉しいやら何やら、ちょっとくすぐったくなっちゃうけどさ。


嵩兄のことも研修医の頃から知ってて海兄が入院して飛び降りして亡くなるまで、
全部一番近くで見守ってきたんだって。




海兄のことで凄く苦しんでた嵩兄を知ってるのよって水谷さんはアタシに話してくれた。



そして最後に続けられたのは、今この病院で起っていること。



私が就職してすぐ、院長夫妻の子供の一人が行方不明になった。
その人の名前は、嵩兄が弟のように可愛がっている緒宮勇人。


そしてその数週間後、もう一人のお子さんである鷹宮千尋が体調を崩して倒れた。


その二人の穴を埋めるために早城先生と氷室先生と嵩兄が中心になって、
代行業務を頑張りながら必死に踏ん張っているとのことだった。


そんなことアタシ、何も知らなかった。



兄貴、何もアタシには話してくれなかった……。




「橘高さん、もう暫らく私を立てて我慢して貰えると嬉しいわ。
 嵩継君には私からもきっちりと話をしておくから。
 
 嵩継君、私には逆らえないのよ」



そういって我が子の弱点を知る母のような笑みで微笑む水谷総師長。
そして、それは次第にアタシにも向けられた。



「それは橘高さん貴方もそうね。
 その服の内側に隠れてる退職願、この状況が脱却できるまで私に預からせて頂けないかしら?

 今の鷹宮に必要ない人材は一人も居ません。
 ねっ、だから氷夢華ちゃんも今は我慢して頂戴。

 嵩継君との話し合いの時間は私が責任を持ってセッティングしてあげるから。
 その時に言いたいこと言いなさい」




うっ……何、この人。
この人に何か言われたら断れる雰囲気がないじゃん。


怒るわけでもなく、ただ自分のことを語りながら何時の間にか、
相手に断ることをさせなくする話術。


ただものじゃないね……この人。


流石、嵩兄を操る人だよ。



「わかった……だけど院長の息子が見つかるまでだから」


アタシが宣言するとお茶を一口に飲んで水谷さんは微笑んだ。


湯飲みに入ったお茶を一気に飲み干すと、
アタシは総師長に一礼をして部屋を出て医局に向かう。



外来が始まった時間。


誰も居ない医局のドアを開けて、
今日の検査予約の一覧に目を通すと自分の仕事場へ戻っていく。



退職願叩きつけてやるつもりだったけど、
タイミング逃しちゃったよ。



水谷さん……ある意味あのやり方反則だよ。




だけど……やってやるよ。

事情も理解できて少し兄貴の気持ちもわかったような気がするから。
それにようやくアタシも部外者から鷹宮のスタッフに受け入れて貰えた気がするからさ。



やってやるよ……院長の息子が見つかるまで。



院長の息子が見つかるのとアタシのダウン。



どっちが先になるかなんて……ある意味ロシアンルーレットだけどっ。



もう少し我慢してやるよ。



アタシも兄貴を困らせたいわけじゃないからさ。
けどリミットは院長の息子が見つかるまでだから……。


嵩兄……だから気付いてよ。
アタシの気持ちにさ。



……頼むからさ……。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く