話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

きみのとなり

佳川鈴奈

8.すれ違う時間Ⅱ -嵩継-



全くあのガキ、オレの気も知らねぇで何やってんだよ。



氷夢華が鷹宮に勤め始めて一ヵ月。
その間に鷹宮の空気がかなり危うくなってきた。


かといって、最近入ってきた奴や患者たちに関しては影響はない。


俺と氷夢華が再会した少し前、
共に外出していた勇人と千尋が道路で倒れていた少年を助けて鷹宮に連れて帰った。

その少年の名前は、柳宮大海【やなみや ひろみ】。
柳宮は勇人の薬物中毒によって亡くなった親友、柳宮翔【やなみや かける】の弟だ。


その柳宮少年は千尋にとっては初めて『僕を頼ってくれた存在』。



千尋は大海が入院して以来、研修と大海の病院を往復するようになり、その少年にかかりきりになった。
その少年も千尋に心を許しているのか、アイツを頼っているのが目に見えて明らかだった


そんな千尋と少年を毎日見ながら、何かを見失うように壊れていったのは元々、千尋絡みに問題ありの勇人。
オレが勇人と出逢った頃から、勇人の全ては『千尋』で存在形成されているのが明らかだった。


勇人は実の父親に捨てられ、実の母親からは病院の中庭に捨てられた存在。

実母が生活に困って捨てたのも実母のことを知っていて、
成人するまで勇人を養子にすることを決めた院長夫婦の話もきかされた。


当時の院長夫婦には、千尋が夫人のお腹にいたものの生まれてくるかどうかが怪しまれていて、
そんな背景もあって院長は勇人を家族として迎え入れたのだと。


幼い日にそれを聞かされた勇人は、自分が鷹宮家の家族として存在する意味を探し始め、
それはやがて『千尋』と言う院長夫妻の実子の存在を守り助ける為と言う形でアイツ自身の穴を埋めた。



この夏に現れたアイツの実の父親の問題。
その父親の問題に踏ん切りすらつけられていないなかの、今回の千尋との事件。


度重なるストレスで埋めたはずの穴が今崩れ始めて酒も煙草もしなかったヤツが今では屋上で隠れて喫煙しながらアルコールを煽る。

同僚の氷室の情報に寄ると眠剤を頻繁に処方して持ち帰っているということ。


人の心には敏感に反応して平気で踏み込んで早期解決を試みようと、
一刀を振りかざしてくるアイツも自分のこととなると一切寄せ付けない。



オレ自身も何度か接触を試みたものの、
軽くはぐらかされてしまって逃げられてしまった。




そうこうしている間に、擦れ違い続けていただけのアイツらの間に少年の病室で何かが起きた。



翌朝出勤したオレの前には、すでにアイツの姿はなくて、
それ以来、今日までアイツは見つかっていない。


勇人との何かによって、意識を失ってしまった柳宮の傍で慌てふためいた千尋。

千尋も、その数日後に過労か過度なストレスが原因で倒れた。


そして倒れた千尋が回復して柳宮の病室へ向かった頃、
更なる出来事が千尋に追い打ちをかけた。


柳宮大海が、病室を脱走して姿をくらませた。
千尋のキャパが超えやがって、アイツはシフトどころじゃなくなった。



ったく、てめぇら余計な仕事増やしやがって。
益々、氷夢華に関われねぇじゃねぇか。



だけど突然の兄弟喧嘩から始まる家族問題に院長もリズ夫人も水谷さんも胸を痛め続け、
院長に恩義あるオレとしては『鷹宮の為に何かをやりたい』と言う正義感が強くなる。



アイツらの補佐は、兄貴分のオレがきっちりやってやりたい。




そう思うと必然的にオレのやるべきことは増えすぎて、
身動きがとれなくなる。




それは氷夢華のことにしてもそうだった。




マンションで氷夢華を説教したあの日から、
オレと視線を合わそうとしなければ病院ですれ違っても無視。



こっちが声をかけても無視。


昼間は仕事こそ真面目にしてるが、
夜は峠走ったり居酒屋梯子してやがるらしく自宅に電話してもアイツは出ない。


携帯も留守電。


ったく、何のための携帯だよ。



同じマンションに住んでる飛翔に話して、
セキュリティーに問い合わせて貰うと氷夢華の姿が
カメラに映ってる時間は毎夜、明け方近くになってからとの返事。



バカ野郎。
何やってんだよっ!!








ERシフトではないが病院から離れることが出来ない日々が続く。





医局のソファーで足を投げ出し、燻っていたオレは頭を指先でかきながらに
のっそりと起きあがると外の風に当たりたくて屋上へ続く階段を登って行く。



長い階段を延々とのぼりつづけて辿り着いた分厚い扉を開いて、
冬の冷たい夜風を感じる。




屋上を暫らく歩いてる屋上庭園を通り抜けて、その奥に足を進める。



その場所で、フェンス持たれながらエターナルペンダントを握りしめた。




そう……この場所はかつて海斗が飛び降りた場所。



今はオレの首にぶら下がって常に共に行動しているアイツが自らの命を断とうとした場所。

そしてこの場所が、オレが最後に勇人を捕まえた場所。








なぁ、勇人……お前今何処にいるんだ?







誰も居ない暗闇に向かって声に出して問いかける。



脳内で最後の日の記憶を思い返す。





いつもは白衣の下に、キチンと着こなしているシャツとネクタイを緩めたアイツが
フェンスに持たれながら、喫煙禁止の鷹宮で煙草をふかしていた。


オレがアイツをじっと見るとアイツは困ったような顔を浮かべながらも煙草を吸う手をとめることない。


「……嵩継さん……」


オレの名を呼びながら、アイツはセッタをオレの方にも差し出す。

共犯者にするつもりか勇人。



そんなことを内心愚痴りながらアイツの差し出した箱から一本抜き出すとアイツはすぐに火をつけた。
紫煙が暗闇に溶け込んでいく。



「おいっ、勇人?
 こんなことしても解決しないだろ」

「ですねー」



アイツは小さく呟くとまた煙草をふかし始める。
暫らくオレたちは無言のままフェンスに持たれ煙草をふかした。



「嵩継さんも大変そうですね」


突然、勇人がオレに視線を合わせないままに呟く。

ったく、こんなにてめぇのことでいっぱいいっぱいなのに、
コイツはオレの抱えてるもんに感づいてやがる。


「……まぁな……」


オレも視線を合わせず答える。

それっきり勇人は何も話さなくなって、
吸っていた煙草をもみ消すと屋上を後にした。



それがオレとアイツが話した最後の時間。


その数日後、勇人は姿を消して、
オレは帰らない選択から帰れない理由へと事情が変わった。



もうすぐ海斗が旅立った季節が近づく。



オレ自身も……あんまり強くねぇんだぞこの時期は。
どいつもこいつも厄介事ばかり増やしやがって。





冷たい夜風に体を震えはじめるのを感じるとオレは慌てて院内へと戻った。


あったかいコーヒーでも飲まねぇとな。



医局に戻ったオレの机には、紙袋に入ったお弁当箱が用意されている。
覗き込むと、中には手作りの弁当がハンカチに包まれてはいっていた。







嵩継くん


千尋君や勇ちゃんの為にいろいろと尽力してくれて有難う。


久しぶりにお弁当を作ってきたのよ。
しっかりと食べるのよ。



水谷





カードに記載されたメッセージ。



母親みたいに総師長の気遣いに感謝しながら、
用意された夜食を平らげて、あったかいコーヒーを飲んで胃袋を満たす。




「安田先生、お願いします。
 神島【かみしま】先生が患者さんと衝突してしまって」


突然、医局にかかってきたヘルプに慌てて処置室へと駆け込む。




神島と言うのは年始から多久馬総合病院より派遣された、精神科医・神島透真【かみしま とうま】のこと。


勇人や由貴の前に精神科を先駆けて、雄矢先生が親友の病院に要請して送られてきたそいつは、
代議士先生のお坊ちゃまとやらで、仕事は話にならんが態度だけはデカイと言う曲者。

コイツが、また問題児でスタッフと会えば揉め事は起こす。
患者と会えば、今回みたいに患者を怒らせる。


勿論、氷夢華もまたこのバカとしょっちゅう衝突しやがって、そんな情報もオレの耳を刺激する。



ただでさえ、いっぱいいっぱいの現状で今度は元々体が弱かった千尋がぶっ倒れてもっとシフトがいっぱいいっぱいになった。


残されたスタッフと院長を中心に話し合って、
今は千尋にも休息が必要だと結論付けた。


こんな状況下で現場に出ても何も解決しない。

それは院長にオレ自身もして貰ったし、ここにいる奴は、それぞれにその恩恵を受けて成長している。


ある意味、院長がずっと大事にしてきた『鷹宮の心』。
それは昔から此処で働く存在の殆どが感じ取っていたから。



誰かを補うためのシフトは、院長も率先して入ってきた。

だけどオレ自身は院長の心労をはかると無理はして欲しくなくて、
その分、院長のシフトを若さで肩代りするように増やしてきた。



それは問答無用でマンションに帰ることなど出来るはずもなく、
当然、氷夢華のことを考える時間すらない。





あのガキ……っ。
オレの方の身にもなれって。



『嵩継、頼りにしてるぞ』





雄矢先生の存在が、今のオレを医者にしてくれた。


海斗との関係に見失って荒れたオレを黙って見守り続けてくれた深い懐。
乗り越えることのできたアイツの死。


だからこそ感謝を込めて院長の思いに答えたい。
そんな雄矢医師に恩返しがしたい。

その思いだけが今のオレを支え奮い立たせていた。

限界の状況下、誰もが不安を感じる思いのなかで。




神様、今暫くオレに力をください。



氷夢華……悪い、もう少し時間をくれ。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く